臨床工学技士国家資格

生命維持装置を取り扱うスペシャリスト

臨床工学技士

医療機関における「医療機器安全管理責任者」の設置義務化、透析患者の増加など、需要の広がる内容が多い。

こんな資格

高度化する医療機器と共に高まる需要
  • 医師の指示のもと、生命維持装置を取り扱うことができる。
  • 人工呼吸器やペースメーカーなど医療機器の保守・点検を行う。
  • 最先端の医療機器を扱い、さまざまな手術に関わる。
  • 医療チームにおける工学的知識のスペシャリスト。

受験資格

文部科学大臣の指定した学校または厚生労働大臣の指定した養成所を卒業した者など。

主な資格の取り方

厚生労働大臣または文部科学大臣指定の養成施設を卒業後、年1回実施される臨床工学技士国家試験(学科試験)に合格する。

お問い合わせ先

財団法人 医療機器センター 試験事業部

TEL:03(3813)8531

この分野の資格

医療技術に関連する学校を検索!

医療技術に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。