社会福祉士国家資格

福祉面から地域住民の生活をバックアップする

社会福祉士

2010年1月の試験より「社会福祉士及び介護福祉士法」による新カリキュラムに基づいた試験が行われている。ソーシャルワーカーと総称されることも。

こんな資格

地域の福祉に関わるには必須の資格
  • 通常の生活を送るのが困難な人たちの相談を受け、社会福祉の専門知識によってよりよい環境を整えることが仕事となる。
  • 活躍の場は幅広く、福祉施設や医療機関、社会福祉協議会など。
  • 福祉に関する資格の中では最上位のもの。資格取得の難易度も高い。

受験資格

  • 福祉系の大学・4年以上の専修学校で指定された科目を履修して国家試験を受験する。
  • 一般大学卒業後、厚生労働大臣指定の養成施設で1年-2年学び国家試験を受験する。
  • 一般養成施設の社会福祉士養成課程等で1年-2年学び国家試験を受験する。
  • 2年間の一般短期大学や高等専門学校等を卒業後、相談援助実務を2年間経験して国家試験を受験するなど12の資格取得ルートがある。

主な資格の取り方

規定の受験資格(受験資格参照)を満たして、年1回の国家試験を受験し、合格する。

お問い合わせ先

財団法人社会福祉振興・試験センター

TEL:03(3486)7521

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 教育・福祉・スポーツ系(専門学校等)

社会福祉に関連する学校を検索!

社会福祉に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。