相談に来た学生に寄りそって共に考え、人と人とのつながりを大切に 北條 愛さん/埼玉工業大学大学院 人間社会研究科心理学専攻

学生相談室のいいところは、悩んでいる生徒を周囲と連携しながらサポートしていけること

臨床心理士への道に進むことを決めたきっかけは何ですか?

高校3年生の時に、進路を考える上で自分がやりたい仕事はなんだろう?とすごく悩みました。そこで、人の役に立てるような仕事をしたいと思いました。でも、その時点で臨床心理士になろうと決めていたわけではありませんでした。ただ、昔から人に相談を持ちかけられる機会が多かったということもあり、そういった時に人のこころに関する専門的な知識を持っていれば、相談してきてくれた人に対してより良い解決方法を考えることができるのではないかと考えるようになり心理学に興味を持ちました。

現在はどのようなお仕事をしていますか?

火曜日~金曜日は母校でもある埼玉工業大学の学生相談室で勤務しています。日曜日は、都内にあるメンタルクリニックで心理士として勤務しています。教育現場と医療現場という異なる領域で働くことにより、多くの知識を身につけながらスキルアップしています。

北條 愛さん

学生相談室のいいところは、悩んでいる生徒を周囲と連携しながらサポートしていけること

やりがいはどんなところですか?

学生相談室では、相談員が学生に対して相談業務やカウンセリングを行うことはもちろんですが、学生の悩みの内容によっては、学内にある学生課や教務課、就職課など、それぞれ学生のニーズに合わせた課と連携して支援していくことが大切なのではないかと考えています。一度相談にきた学生がその後も継続して来室し、明るく成長していく様子を見ることができる、というのが相談員である私にとって理想的なケースではありますが、もし相談室に来なくなったとしても、他の大学職員の方から「あの子は最近頑張ってるみたいだよ」と学生の近況を聞くことができるのは、とても嬉しいことです。これは学生相談員と、大学職員の方々との協力体制があってこそのものなのではないかと思います。

臨床心理士を目指す皆さんにアドバイスを!

資格取得のために机に向かって行う勉強はとても大切なことですが、私たちが相手にするのは、生身の人間です。そして人とは、日々変化し、成長していくものだと思います。 実際に現場に出た時に、これまでに皆さんが積み上げてきた経験のひとつひとつが生きてきます。ぜひ、自分が興味を持っていることには一生懸命取り組んで、今しかできない経験をして、周りにいる色んな人と話をしてみてください。

北條 愛さん

センパイの通った学校はココ!

埼玉工業大学

所在地
埼玉県深谷市普済寺1690
TEL
0120-604-606(フリーダイヤル)
FAX
048-585-6903

埼玉工業大学