学部・学科・コース

表示

工学部

産業を支え、暮らしを支える、次世代のエンジニアを育む。

工学の基礎知識から最先端技術まで向学心を持って学べるカリキュラムを用意。実験・実習を通じて最先端の工作機器を使いこなし、進化し続ける「モノづくり」を体感。第一線で活躍できるエンジニアを育成します。

電気電子工学科

電気電子工学科

電気・電子技術の幅広いフィールドで活躍するエンジニアを育成。

わたしたちの生活は“電気”なくして成り立ちません。高速鉄道も携帯機器も、電気電子の技術によって実現されています。社会はいま、この分野で未来を切り拓いていく若い技術者・研究者をますます必要としています。電気電子工学科では、電気電子回路をベースに電子デバイス、エネルギー、電気制御、情報システムなどをバランスよく学修します。また、6社の先端企業と連携し、電気電子の学びにかかわる専門講座を開講。現場で必要な知識・技術をプロから直接学べます。

電子機械工学科

電子機械工学科

ロボット、製造ライン、自動車、カメラ…メカトロニクスであらゆる機械を自在に操る。

『メカトロニクス』とは、電気・電子と機械を融合した技術分野。わたしたちのまわりにあるほとんどの機械は、メカトロニクスで動いています。『機械』『電気・電子』『計測・制御』『情報・コンピュータ』の4つの分野をバランスよく学び、機械を自在に操る技術を修得。ロボットを実際に動かしながら実践力を身につけ、電気・電子のわかる機械技術者、機械のわかる電気・電子技術者を育てます。

機械工学科

機械工学科

モノをつくる、その中核となるメカを幅広く、深く学ぶ。

機械のない工場って、想像できますか?いつの時代でも、機械は産業を支える最も大切な技術です。つまり、機械工学こそエンジニアリングの基盤であり王者なのです。本学科では、初年次に実際に機械に触れ、構造を理解し、それらを動かす醍醐味を知ったうえで応用力を身につけます。
上位年次では「機械力学」「材料力学」「熱力学」「流体力学」の四力学と最近の機械に不可欠な「制御工学」「計測工学」について、講義と演習を組み合わせて学修し、応用力を修得。さらには、3DCADシステムを使ったコンピュータ上での設計や企画・設計から部品の発注までを自ら行う実習を通じて、実際にモノづくりを行うことにより、独創的な技術者としての能力を養います。

基礎理工学科

基礎理工学科

数学・物理・化学のすごさ、深さ、楽しさを体験して、科学的思考力・実践力を養う。

現代社会を支える高度な技術(工学)の基盤となる科学(数学・物理・化学)のすごさ、深さ、楽しさを体験して、科学的思考力・実践力を養います。数学・物理・化学等の専門知識を獲得すると同時に、それらを活かす理論や技法(モデリングやシミュレーション)を身につけます。基礎理工学科はものごと=現象を“根っこ”から追究・分析する基礎力と真の応用力を持ち、先端科学技術から教育まで、幅広い舞台で活躍できる人材を育成します。

環境科学科

環境科学科

幅広いフィールドで、地球と人類が直面する環境問題に挑む。

わたしたちの身のまわりの生活や地球の環境について学びます。豊かなくらしのための健康・食品技術(バイオ化学)、大気・水の浄化や創・蓄エネルギーのための機能性材料の開発(エコ化学)、それらを地球環境に配慮して最適に統合するシステム化技術(エネルギー機械)を3つの柱として実践的教育を行い、人々の未来に役立つ人材を育成します。プロジェクト型教育にも積極的で、健康成分「ポリフェノール」を多く含むベリー系植物の栽培やそれを用いた商品開発、大学内の古い研究室をリメイクし、懐しさの漂うカフェにリノベーションする活動に取り組んでいます。

建築学科 ※2018年4月開設

建築学科 ※2018年4月開設

ICTや最先端技術に強い、次世代の社会を担う建築士へ

2018年4月、工学部に、建築学科が誕生します。近年、建築のICT化や多様化が進む中、建築に求められるニーズが複雑化し、建築のプロには幅広いスキルが求められています。そこで、本学の強みであるICT、さらには環境や情報まで多岐にわたる専門領域の知識を基盤に、次世代を担う建築のプロの育成をめざします。

また、これからの持続可能な社会を実現するための「人と環境に配慮した建物・まちづくり」にも取り組み、社会に貢献できる建築家・建築技術者を育てていきます。

表示

情報通信工学部

情報と通信で、高度情報化社会をリードする。

人工知能、ハードウエア、プログラミング、ネットワーク技術、セキュリティなど幅広い分野を系統立てて学習し、高度情報化社会を牽引するトップリーダーを育成します。

情報工学科

情報工学科

武器はコンピュータ。キーワードは情報。しなやかな専門性を磨く。

情報と数学を中心に情報工学を学ぶ基礎を修得した上で、ハードウエアからソフトウエアに至る基盤的専門知識を体系的に身につけます。それにより、基本情報技術者、ITパスポートなどの資格取得に十分な専門知識と、知識を応用するためのプログラミング能力やコンピュータ活用能力を体得します。将来の進路に対応した豊富な科目により、情報収集能力、問題分析能力、応用力を獲得します。

通信工学科

通信工学科

通信ネットワークの将来を担う次世代のエンジニアを育成。

スマートフォンやインターネットにより、多彩なサービスを享受することができる現代において、情報通信ネットワークは重要な社会基盤となっています。社会で活躍する技術者を目指し、情報伝達技術、コンピュータによる情報処理技術を体系的に学修します。また、講義内容が資格取得に直結しており、講義の復習が第一級陸上無線技術士、電気主任技術者の資格取得につながります。

表示

医療福祉工学部

生命を救い、健康を守る、スペシャリストを養成する。

臨床医学、工学、情報科学を複合的に学び、医療・福祉や健康科学のスペシャリストを養成します。

医療福祉工学科

医療福祉工学科

生命を救い、人をケアする臨床医工学・情報を学び健康長寿社会を創る。

ハイテク医療・健康機器の開発現場や医療機関で活躍する臨床工学技士を育成する学科です。医療・健康は、景気に左右されず安定して働き続けられる分野でもあります。今後、超高齢社会を迎え、予防医療や医療機器・健康機器の専門知識を持った人材のニーズはさらに高まると予想されます。
2001年の学科開設以来、臨床工学技士の合格者は総数353名。臨床工学技士の医療機関からの求人倍率は10倍以上です。(2017年3月卒業生実績)

理学療法学科

理学療法学科

医学と工学の両面から理学療法を体得。高度医療を支える理学療法士へ。

人の動作機能を回復させ、社会復帰を促す理学療法士(PT)。医療技術や機器の高度化にともないPTに求められる知識・技能もハイレベルになっています。医学と工学の両分野に通じるスペシャリストをめざし、実践力と応用力を養います。演習や実習が豊富で、学外実習では実践的な知識や技能のほか、対象者を思いやる想像力、コミュニケーション能力を養います。
臨床実習に参加する能力があるかを見極めるための学内実技試験など1年次から国家試験対策を開始。国家試験の合格率は毎年全国平均を上回っており、学科開設以来、理学療法士の進路決定率は100%(2009年度~2016年度232名中232名)を誇ります。

健康スポーツ科学科

健康スポーツ科学科

運動・栄養・休養の知識と科学的根拠に基づく健康教育、スポーツ指導の技術を修得。

『基礎医学』『栄養学』『工学』『生理学』『運動学』『教育学』等幅広い分野を学べるカリキュラムを編成。健康とスポーツを科学の目で捉えつつ、豊かな人間性を備えた、人々の健康維持増進に貢献できるプロフェッショナルを育成しています。スポーツ選手の指導者、保健体育教諭、メーカーでの機器開発等幅広い活躍の場があります。

表示

総合情報学部

新たなエンターテインメントで、社会をもっと、豊かなものにする。

CGアニメーションなどの映像や音楽、デジタルゲームなどのエンターテインメント分野で、次世代を担う独創的なクリエイターを養成します。

デジタルゲーム学科 ※2018年4月再編

デジタルゲーム学科 ※2018年4月再編

ゲームの新しい表現へ!企画、制作、運営など総合的に動かす力を。

ゲームはもはや一部の人のモノではありません。スマートフォンゲームの浸透にはじまり、人気ゲームのアニメーション化や映画化、また人気小説やコンテンツのゲーム化など、より身近な存在へ。ゲームは子どもから大人までが多種多様に楽しめる一大エンタテインメントへと急成長しています。「デジタルゲーム学科」では、企画・制作・運営 どの工程も担える豊富な科目を編成。さらに、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの最新テクノロジーを駆使し、新たなゲームやコンテンツを創造するクリエイターを育成します。

ゲーム&メディア学科 ※2018年4月開設

ゲーム&メディア学科 ※2018年4月開設

ゲームの可能性を追求!デジタル産業でマルチに活躍できる力を。

SNSやVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などを活用し、新たな体験やコンテンツを次々と生み出すゲーム業界。新設する「ゲーム&メディア学科」では、ますます拡大されるデジタルゲーム分野をベースにしながらも、映画、アニメーション、イベントなどが組み合わさるメディアミックス展開に対応し、多様なチャネルで活躍できる力を身につけ「ゲームを拡げる人」をめざします。

情報学科

情報学科

スマートフォンにソーシャルネットワーキング。新時代の情報技術を切り拓く。

日々進歩する情報学を学ぶために、2つのコースを設置。JABEEに認定された『コンピュータサイエンスコース』では、情報システムやネットワーク等を扱う情報処理のスペシャリストを育成。『デジタルメディアコース』では、CGやWeb等のデジタルコンテンツのデザインやマネジメントを学び、高度情報化社会で羽ばたく人材を育成します。

大阪電気通信大学をもっと知るなら!

  • 大阪電気通信大学のパンフレットをもらう