学部・学科・コース

表示

工学部

産業を支え、暮らしを支える、次世代のエンジニアを育む。

工学の基礎知識から最先端技術まで向学心を持って学べるカリキュラムで、第一線で活躍できるエンジニアを育成します。

電気電子工学科

電気電子工学科

電気・電子技術の幅広いフィールドで活躍するエンジニアを育成。

わたしたちの生活は“ 電気” なくして成り立ちません。高速鉄道もスマートフォンも、電気電子の技術によって実現されています。社会はいま、この分野で未来を切り拓いていく若い技術者・研究者をますます必要としています。

電子機械工学科

電子機械工学科

ロボット、製造ライン、自動車、カメラ…メカトロニクスであらゆる機械を自在に操る。

機械はコンピュータが制御する電気・電子回路で動き、制御には、機械の動きで変わる情報が必要です。すべての技術がつながっているからこそ、互いの性質を理解できるエンジニアは産業界の宝物。本学科には、機械がわかる「電気・電子系技術者」、電気・電子がわかる「機械系技術者」、その両方の力を備えた「ロボット・メカトロ系技術者」になれる道があります。

機械工学科

機械工学科

モノをつくる、その中核となるメカを幅広く、深く学ぶ。

機械のない工場って、想像できますか?いつの時代でも、機械は産業を支える最も大切な技術です。つまり、機械工学こそエンジニアリングの基盤であり王者なのです。本学科では、機械工学における優秀な専門家たちが、基礎から高度な応用技術まで、学生一人ひとりに教授しています。

基礎理工学科

基礎理工学科

数学・物理・化学のすごさ、深さ、楽しさを体験して、科学的思考力・実践力を養う。

現代社会を支える高度な技術(工学)の基盤となる科学(数学・物理・化学)のすごさ、深さ、楽しさを体験して、科学的思考力・実践力を養います。数学・物理・化学等の専門知識を獲得すると同時に、それらを活かす理論や技法(モデリングやシミュレーション)を身につけます。基礎理工学科はものごと=現象を“根っこ”から追究・分析する基礎力と真の応用力を持ち、先端科学技術から教育まで、幅広い舞台で活躍できる人材を育成します。

環境科学科

環境科学科

プロジェクト型の学びで問題解決力を養成。食品・エネルギー・住環境の未来を拓く。

わたしたちの身のまわりの生活や地球の環境について学びます。豊かなくらしのための健康・食品技術(バイオ化学)、大気・水の浄化や創・蓄エネルギーのための機能性材料の開発(エコ化学)、それらを地球環境に配慮して最適に統合するシステム化技術(エネルギー機械)を3つの柱として実践的教育を行い、人々の未来に役立つ人材を育成します。

建築学科

建築学科

ICTや最先端技術に強い、次世代の社会を担う建築士を育む。

2018年4月、工学部に、建築学科が誕生しました。近年、建築のICT化や多様化が進む中、建築に求められるニーズが複雑化し、建築のプロには幅広いスキルが求められています。そこで、本学の強みであるICT、さらには環境や情報まで多岐にわたる専門領域の知識を基盤に、次世代を担う建築のプロの育成をめざします。

また、これからの持続可能な社会を実現するための「人と環境に配慮した建物・まちづくり」にも取り組み、社会に貢献できる建築家・建築技術者を育てていきます。

表示

情報通信工学部

ソフトウエアや通信で、高度情報化社会をリードする。

ネットワークやソフトウェア開発、光通信やADSL回線といったブロードバンドなど、高度情報化社会を牽引するトップリーダーを育成します。

情報工学科

情報工学科

武器はコンピュータ。キーワードは情報。しなやかな専門性を磨く。

コンピュータという素晴らしい道具を使いこなし、人間の知的活動のための『情報』を“ 発生・伝達・収集・ 蓄積・処理する” 先進の理論と技術を追求します。人工知能、パターン認識、視覚情報学、認知科学、イン ターネット、データベース、バーチャルリアリティ、データ・サイエンス等、学びの対象は実に多様です。

通信工学科

通信工学科

通信ネットワークの将来を担う次世代のエンジニアを育成。

『ブロードバンド』『インターネット』『マルチメディア』の3分野に代表される21世紀の通信ネットワーク技術。通信工学科では、これらの分野について幅広い教育を行い、次世代を担う技術者を育成しています。

表示

医療健康科学部 ※2020年4月名称変更予定

生命を救い、健康を守る、スペシャリストを養成する。

臨床医学、工学、情報科学を複合的に学び、医療・健康科学のスペシャリストを養成します。

医療科学科 ※2020年4月名称変更予定

医療科学科 ※2020年4月名称変更予定

生命を救い、人をケアする臨床医工学・生命情報・健康科学を学ぶ。

すべての人々が健康でいきいきと生活できる健康 長寿社会。その実現には、再生医療等の高度医療 技術、ICTによる高齢者の見守り等の新しい医療技術・機器開発が必要です。本学科では臨床工学 技士教育を柱に、幅広い関連分野の学びを提供することで、そうした未来の医療に応える力を養成しています。

理学療法学科

理学療法学科

医学と工学の両面から理学療法を体得。高度医療を支えるプロへ。

人の動作機能を回復させ、社会復帰を促す理学療法士(PT)。医療技術や機器の高度化にともないPTに求められる知識・技能もハイレベルになっています。医学と工学の両分野に通じるスペシャリストをめざし、実践力と応用力を養います。

健康スポーツ科学科

健康スポーツ科学科

運動・栄養・休養の知識と科学的根拠に基づく健康教育、スポーツ指導の技術を修得。

『基礎医学』『栄養学』『工学』『生理学』『運動学』『教育学』等、幅広い分野を学べるカリキュラムを編成。健康とスポーツを科学の目で捉えつつ、豊かな人間性を備えた、人々の健康維持増進に貢献できるプロフェッショナルを育成しています。スポーツ選手の指導者、保健体育教諭、メーカーでの機器開発等、幅広い活躍の場があります。

表示

総合情報学部

新たなエンターテインメントで、社会をもっと、豊かなものにする。

CGアニメーションなどの映像や音楽、デジタルゲームなどのエンターテインメント分野で、次世代を担う独創的なクリエイターを養成します。

デジタルゲーム学科

デジタルゲーム学科

ゲーム制作を中心に、最新技術や運営力などをトータルに身につけていきます。

ますます盛り上がりを見せるゲーム産業において、ゲーム制作のプロフェッショナルとして活躍するために、アクティブラーニングやインターンシップなどを強化。第一線で活躍する方々を講師に迎える授業も開催。キャリア科目を軸に、アート&デザイン、グラフィックス、デベロップメント、エンジニアリング、マネージメントの5つの選択ユニットから2つを選択します。

ゲーム&メディア学科

ゲーム&メディア学科

ゲームをコンテンツとして捉え、幅広いメディアや分野に拡げる力を習得します。

アニメ、漫画、映画などと、ゲームのメディアミックス化が進む今。ゲームの魅力を伝え、拡げる力の獲得を目的に、幅広いコンテンツについての専門性を養っていきます。必修のキャリア科目には、情報社会に対応できるように実践的なアクティブラーニングを採用。ゲーム、アート&デザイン、アニメーション、ライブ、カルチャーの5つの選択ユニットから2つを選択します。

情報学科

情報学科

スマートフォンにソーシャルネットワーキング。新時代の情報技術を切り拓く。

日々進歩する情報学を学ぶために、2つのコースを設置。JABEEに認定された『コンピュータサイエンスコース』では、情報システムやネットワーク等を扱う情報技術のスペシャリストを育成。『デジタルメディアコース』では、CGやWeb等のデジタルコンテンツのデザインやマネジメントを学び、IT(情報技術)社会で羽ばたく人材を育成します。

大阪電気通信大学をもっと知るなら!

  • 大阪電気通信大学のパンフレットをもらう