体験入学(オープンキャンパス)へ行こう!!

街並みも美しい神戸・北野の好立地

神戸の中心地、三宮駅から北に歩くこと10分。異人館の街並みが美しい緑豊かな北野エリアに、神戸電子専門学校が見えてきます。周辺にはオシャレなカフェや観光名所が点在しており、学びにも遊びにも恵まれたキャンパス環境です。三宮には、JR、阪急、阪神、地下鉄と、各線が乗り入れており、新幹線「新神戸駅」からも徒歩10分とアクセスがとても便利です。また三宮周辺には様々なショップもあり、快適な学生生活を送れます。

神戸電子専門学校

全11棟の校舎に31の実習室が設置され、それぞれで専門的な知識を学ぶことができます。また、演劇やライブ、コンサートなど多用途に使われるソニックホール、プロユースのレコーディングシステムを備えた北野坂スタジオをはじめ、充実した学びの環境が集結しています。

神戸電子専門学校

この日は、まずソニックホールで学校概要の説明があり、そのあと希望する各分野・学科に分かれて、施設見学と体験授業が始まりました。

神戸電子専門学校

最強の業界連携!業界セミナーを受講

神戸電子専門学校では、企業連携専門の職員がいて、常に東京や地方に出向き、さまざまな企業と関係を築いています。その結果、年間で約400社の企業の方が来校し、特別授業や、個別の作品指導を行ってもらうことが可能になっています。この日もソニックホールで、「おさわり探偵 なめこ大繁殖」を手がける「株式会社サクセス」のお2人が登壇。業界のトップランナーならではの貴重なお話を聞かせていただきました。「わからない事は聞け」「なんでも聞くな」と、実際の現場の中で出てくる生きた言葉が、笑いも誘い、高校生たちも熱心に耳を傾けていました。

神戸電子専門学校

他にも、日本のゲーム会社ではトップクラスの「株式会社レベルファイブ」や「株式会社スクウェア・エニックス」をはじめ、アニメ、3DCG、IT、グラフィックデザイン、イラストなど、さまざまなプロのクリエイターが来校されます。セミナーでは普段聞けない業界の動向や最新の話題を知ることができます。また、業界のトップランナーとつながれるのは、とても貴重な機会です。こういう人脈をたどることで就職につながる学生も多数います。

世界3大映画祭にノミネートされた作品の音響効果などの技術が学べる!

フォーリースタジオって?

「フォーリー」とは、映画などで使用される効果音を創り出す作業のこと。神戸電子には効果音収録専用の「フォーリースタジオ」があり、足音や波の音などさまざまな効果音を生み出すため、石や砂などの多様な素材が常設されています。たとえば、軍手と片栗粉を使って、「雪の上を歩いている音」を創り出したりします。その他にもさまざまな素材を使って、本物よりも本物らしい音を生み出すんです。

神戸電子専門学校

効果音は、アニメやゲームだけではなく、実写映画でも使われます。生音だと音が小さかったりするので、映像に負けないくらいの音を創り出さないと、なかなか感動が伝わりにくいんです。

神戸電子専門学校

また、学内に設置された北野坂スタジオでは、実際の映画音楽の収録が行われることも。毎年公開される「劇場版しまじろう」では、その音響効果を学生がアシスタントとして、実際にプロの仕事に携わることができます。

『舟を編む』の収録。国際映画祭へ学生が!

第37回日本アカデミー賞において多数の部門で受賞した映画作品『舟を編む』では、サウンドトラックの収録が北野坂スタジオで行われました。また『船を編む』は「第37回日本アカデミー賞」最優秀録音賞に輝きました。また、カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界三大映画祭にノミネートされた数々の映画作品にも音響効果で学生が携わっております。また、制作に携わった学生は映画祭にも参加しました。

多彩な分野に対応した15の学科

ひとつの能力に特化して学ぶ

多くのゲーム会社に現場の声を聞くと、プログラムチーム、サウンドチーム、グラフィックチームというふうに、会社内で完全にチームが分かれていると言います。プログラマの採用枠があるとしたら、高いプログラミングの能力が必要です。就職のためには色々な分野の知識があった方がいいのでは・・・と思いますが、実際は逆で、どこの企業も、ひとつの技術を徹底的にマスターしている人材を求めているのです。

神戸電子専門学校

そこで神戸電子専門学校では、学科とコースをかなり細かく分けて、それぞれをより深く学べる環境を用意しています。ゲームソフト分野でプログラムを徹底して学んでおけば、ゲーム会社でゲーム制作に携わる事はもちろん、IT企業でプログラマとして働くという選択肢も開け就職の幅が広がります。3DCGアニメーションを高いレベルで身につけておけば、ゲーム業界はもちろんコマーシャルやアニメなど、映像制作全般で働ける可能性が広がります。

他学科間コラボレーション

同じく神戸電子が力を入れているのが、学科の壁をまたいでひとつのプロジェクトに取り組む「他学科間コラボレーション」。

オリジナルアニメを作る企画が持ち上がれば、デジタルアニメ学科がアニメーションを制作し、サウンドクリエイト学科がテーマ曲や効果音を制作し、声優タレント学科がアフレコでセリフを吹き込みます。そしてサウンドテクニック学科が音と映像をミックスしオリジナル短編アニメを作ります。オリジナルゲームを作ろうと思えば、ゲームソフト分野の学生がプログラムを担当し、3DCGアニメーション学科の学生がゲームデザインを担当し、サウンドクリエイト学科の学生が効果音やBGMを担当しひとつのチームになって取り組みます。そうすることにより高いレベルの作品が仕上がります。

自分の能力を磨くだけではなく、全体の中で自分の力がどう必要とされているのか、より実際の仕事に近い形で学ぶことができます。他学科の学生との作業により、コミュニケーション能力も向上し、1学科だけではなし得ない成果が実現でき、大きな自信につながります。

声優・タレント学科に体験入学

実際のアニメの映像でアフレコを体験!

さあ、声優・タレント学科の体験授業がスタートしました。実際のアニメのワンシーンを使っての、アフレコ体験です。

神戸電子専門学校

まずは簡単な発声練習から。大きい声を出すのもなかなか勇気がいるもの。お腹に力を入れて、皆で発声練習を行います。

神戸電子専門学校

続いて台本が配られます。初めて見る台本はとても難しそうに感じます。そこで下読みを行い、スムーズにセリフが読めるように準備をします。準備ができたら、いよいよレコーディングスタジオへ。緊張の一瞬!

神戸電子専門学校

いよいよ実際のアニメの映像にあわせてアフレコに挑戦です。しゃべっているプロの声優さんの声に合わせて、同じようにセリフを言ってみる。息遣い、声の張り方、間の取り方など、声で演技をするように心がけます。活躍している声優さんの演技を練習することほど勉強になることはありません。何度か練習したら、声優さんの声を消して、自分の声だけでアニメの映像に合わせて収録にチャレンジ!

神戸電子専門学校

収録には真剣勝負で挑む参加者が多く、ちょっと恥ずかしがっていた参加者も、その場の雰囲気に引っ張られて、大きな声を出していました。「みんな本当に優秀でした!このまま入学してほしいくらい」と、先生もご満悦!

VR体験コーナーも

神戸電子専門学校

「PlayStationVR」「HTCVive」体験コーナーを設置。話題の最新VRシステムを体感する事ができました。ヘッドセットを装着するとそこは深海。目の前に大きなクジラが出現し、思わず声が出てしまいます。オリジナルのVRゲーム制作にも取り組む学生もいます。

先生・先輩からのメッセージ

先生からのメッセージ

広瀬敦子先生
声優・タレント学科 教員
FM大阪をはじめ、各種メディアでのナレーション、司会業多数を経て現職

神戸電子専門学校

「声優を目指すというのは、正直に言うと甘くはなくて、とても厳しい道のりです。私自身もこの道に進むことは、当初は父にすごく反対されました。あとで知ったんですが、実は父自身、かつて放送作家を目指していて、厳しい世界だということを知っていたから、あれだけ反対したのかもしれません。でも私がアナウンスの仕事をラジオでさせてもらえるようになってからは、父も認めてくれました。学生たちには、自分が目指す道を、やり切れるところまでやってほしいと思います。自分が今置かれている現状をどうしたらいいのか、考えられるようになってほしいです。自分で調べて、自分で確認して、自分から動けるように!」

先輩からのメッセージ

声優・タレント学科 1年生
伊澤美沙さん

神戸電子専門学校

「小5の時からずっと声優になりたくて、図工の時間に『自分の未来像』っていうテーマの工作があった時、私は自分が声優になってる人形を作ったんです。今でもリビングに飾ってます。それで、高校も声優アナウンス学科があるところに進んで、神戸電子に進学を決めました。声優はもちろん目指しつつ、他学科とのコラボで、CDを出す企画がいま動いているんです。サウンド学科の人たちが作曲をして、4月に収録して、5月からのイベントシーズンに合わせて出演して・・・緊張もしますが頑張ります。思ってもなかった可能性に出会えるのも神戸電子の魅力だと思います」

先輩のポートフォリオを見てみよう

神戸電子専門学校

実際に先輩が就職活動で使っていたポートフォリオです。デジタルアニメ学科の体験入学では、これらを閲覧でき、学生のクォリティの高さも一目で確認できます。

神戸電子専門学校

体験入学(オープンキャンパス)へ行こう!!
  • 【所在地】兵庫県神戸市中央区北野町1-1-8
  • 【TEL】0120-449-467
  • 【FAX】078-242-0038