畜産技術者

限りある食糧資源を有効に利用する技術を開発

畜産技術者

家畜の育種改良や飼育方法、飼料作物の生産技術の研究開発や実験に取り組み、その成果を畜産家に指導・普及する仕事

どんな仕事?

主に乳牛、肉牛、豚、採卵鶏、食用鶏などの飼養管理と飼料作物の生産

畜産の範囲はたいへん広く、代表的なものは、乳牛、肉牛、豚、採卵鶏、食用鶏(ブロイラー)などの飼養管理と飼料作物の生産です。このほか、ミンクやキツネなどの毛皮動物、蜜蜂の飼育なども含まれます。畜産業では、より良質のものをより多く生産するための方法がたえず開発され改良されています。
畜産技術者は主に、畜産試験場や種畜牧場などで、家畜の育種改良や飼育方法、飼料作物の生産技術の研究開発や実験に取り組み、その成果を畜産家に指導、普及する仕事をします。牛、豚、鶏などそれぞれ自分の専門とする家畜の種類が決まっています。また最近では、バイオテクノロジーの技術を使って、生産性の高い家畜の飼育研究などに取り組んでいます。

畜産技術者につくには?

畜産区分の公務員や、自営・企業に勤めるなど道はさまざま

国公立の研究機関で畜産技術者の仕事につくには、公務員試験の畜産区分などの試験に合格して、農林水産省や各都道府県の職員として採用されることが必要です。畜産技術者の多くが公務員や畜産関係の団体職員ですが、乳製品や食肉加工の食品メーカー、飼料メーカー、製薬会社、商社の技術社員として活躍している人もいます。
畜産業を自営するには、ある程度の資力と広い土地をもつことが前提条件になります。最近は、酪農、養豚、養鶏などは企業化されてきて、この方面に就職するケースもふえています。また、家畜人工受精師や初生ひな鑑別師などの資格を取得して独立する人も少なくありません。

めざす学問系統・学部・学科

畜産技術者に関する資格

  • 家畜人工受精師国家資格
  • 初生ひな鑑別師民間資格
  • 総括畜産コンサルタント民間資格

※畜産技術者になるには、高校の農業課程修了以上の畜産関係の知識が必要です。

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • 動物の世話が好きだ
  • 心身ともに健康で体力にも自信がある
  • バイオテクノロジーなどの先端技術に関心がある
  • 調査や実験が好きだ
  • 小さな変化にも気づく方だ

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 動物系(専門学校等)

動物に関連する学校を検索!

動物に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。