宇宙飛行士

宇宙開発の最前線で働く

宇宙飛行士

宇宙空間で、国際宇宙ステーションの組立てや実験・観測などを行います。

どんな仕事?

異なるスペシャリストが集まる

宇宙飛行士

宇宙飛行士は業務により役割が分かれています。まずスペースシャトルの操縦およびチーム全体の責任を負うコマンダー(CDR/船長)、スペースシャトルを操縦しCDRを補佐するパイロット(PLT/操縦手)、シャトルの運用全般を担当し、PLTの補佐を行うミッションスペシャリスト(MS/搭乗運用技術者)、高度で専門的な知識を必要とする宇宙実験を行う場合に搭乗するペイロードスペシャリスト(PS/搭乗科学技術者)の4つになります。国際宇宙ステーション(ISS)の中で「きぼう日本実験棟」を完成させた若田光一宇宙飛行士はMSとして搭乗しました。

宇宙飛行士につくには?

競争率は約300‐500倍

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が募集する宇宙飛行士候補者へ応募し、選定された後、基礎訓練を行い、宇宙飛行士として認定を受けると晴れて正式な宇宙飛行士となります。技術的・科学的な専門知識はもちろん、各国の宇宙飛行士とチームを組んで共同生活や共同作業を行うため、コミュニケーション手段としての英語力と心身ともに健康であることが必須となります。

めざす学問系統・学部・学科

宇宙飛行士に関する資格

  • 特になし
アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • どんなタイプの人とでも円滑なコミュニケーションができる
  • 状況に応じて冷静に迅速な判断がくだせる
  • 一つのやり方にとらわれず、いろいろな方法を試す方だ
  • 夢や目標のためなら、粘り強く努力し続けることができる
  • 自分の意見をわかりやすく人に説明することができる
  • 細かいことにも手を抜かない
  • 未知の世界でも物怖じせずに飛び込んでいける

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 工学系統 (大学)
  • 工学系統 (短大)
  • 工業系(整備系)(専門学校等)

自動車・航空・鉄道・船舶に関連する学校を検索!

自動車・航空・鉄道・船舶に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。