ディスパッチャー

地上の機長

ディスパッチャー

フライトプランを作成する仕事です。

どんな仕事?

地上の機長

ディスパッチャー

航空会社に勤務し、便ごとにフライトプランを作成する人をディスパッチャーといいます。その仕事は大きく2つあり、1つは、安全かつ効率的に運航できるよう、気象状況等を考慮し、飛行コースや高度などを決める業務です。飛行計画ができたら機長に説明し、同意(=承認)を得たら国土交通省航空交通管制センターに提出されます。もう1つは、飛行中の運行状況を確認し、必要があればサポートします。天候が急に変わったり、ハイジャックなどの突発事件が起きたりしても地上で冷静に判断し旅客機を導びかなければなりません。その責任の重さから、ディスパッチャーは地上のもうひとりの機長とも言われています。

ディスパッチャーにつくには?

まず航空無線通信士の取得

この仕事につくには、航空無線通信士の資格を取得していることが前提で、国家資格となる運航管理者技能検定に合格する必要があります。航空会社あるいは運航管理関連業務を専門に行う会社での活躍が期待できます。

めざす学問系統・学部・学科

ディスパッチャーに関する資格

  • 航空無線通信士 国家資格 必須資格
  • 運航管理者技能検定 国家資格 必須資格
アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • データに基づいた分析が得意だ
  • 状況に応じて冷静に迅速な判断がくだせる
  • 任されたことは最後まで責任をもってやりとげる
  • 計画をたててから行動するタイプだ

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 工学系統 (大学)
  • 工学系統 (短大)
  • 工業系(整備系)(専門学校等)

自動車・航空・鉄道・船舶に関連する学校を検索!

自動車・航空・鉄道・船舶に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。