学芸員

博物館で資料展示や研究をします

学芸員

博物館、美術館、水族館などに勤務し、資料の収集、保管、展示、調査研究などを行います。

どんな仕事?

学芸員

「博物館」といっても、総合博物館、科学博物館、歴史博物館、美術館、動物園、水族館、植物園などさまざまです。扱う分野も、文献史料、埋蔵文化財、絵画、彫刻から動植物まで幅広く、それぞれの専門知識が必要です。具体的な仕事として、資料の収集、資料の整理・保存・補修、資料の調査・研究、資料を利用した文化の普及活動―などがあります。資料は多くの人々の目に触れ、文化の向上に役立ってこそ価値があります。博物館の存在価値や質は、学芸員の働きにかかっているとも言えます。時には資料の買いつけ、調査、展示物の貸し出し、資料整理カードの作成なども行います。PR活動も重要な仕事の一つです。

学芸員につくには?

大学や短期大学に進み、学芸員任用資格を取得します。同時に、文学、歴史学、考古学、美術、生物学など、自分が専攻したい分野を選んで深く研究します。その後、各博物館の採用試験に合格して学芸員になります。最近では、より高度な知識や専門性が求められており、大学院を修了した人が採用される傾向が強まっています。採用は欠員補充型が多く、定期的に募集があるとは限りません。募集人数も少なく、就職はかなり狭き門といえるでしょう。大学院生や大学助手、嘱託職員などとして、自分の専門分野の研究を深めておくことが必要です。

学芸員に関する資格

  • 学芸員国家資格 必須資格
アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • きちょうめんである
  • 調査や研究が好きだ
  • 1つのことに深く関わりたい
  • 人前で発表することが得意

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 教育系統(大学)
  • 教育系統(短大)
  • 教育・福祉・スポーツ系(専門学校等)

教員(学芸員・司書)・研究に関連する学校を検索!

教員(学芸員・司書)・研究に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。