ボイストレーナー

歌手やアナウンサーなどに正しい発声法を教える

ボイストレーナー

声の調整やリハビリもおこないます

どんな仕事?

クラシック系やポピュラー系などさまざまな分野で「声」を指導します

主に発声法を教えることが、ボイストレーナーの仕事です。生徒になるのは、クラシック系の場合には声楽家、ポピュラー系ではヴォーカリスト、役者、タレント、アナウンサーといった声を使うことを仕事にしている人たちです。 定期的にレッスンをするほか、レコーディング前やライブ前のボイスコンディションの調整や、ノドを痛めた場合のリハビリレッスンなどの仕事も引き受けます。
基本的な仕事の流れは、まずノドの開き方、腹式呼吸の方法といった段階から教え、ピアノなどの鍵盤楽器を使って正しい音程を出せるように指導していきます。
声が出せる範囲には、ふつう地声で出せる音域と裏声でなければ出せない音域とがありますが、こういったレッスンを受けるうち、生徒たちの地声と裏声の境目はどんどん高くなっていき、声が出る音域の幅が広がっていくわけです。

ボイストレーナーにつくには?

専門的な教育を受けてプロになった人、たとえば声楽家やコーラスの仕事をしていた人などがボイストレーナーとして好まれる傾向があります。したがって、ボイストレーナーになるには、まず声楽についての専門的な教育を受けることが必要。音大や専門スクールなどで専門知識を学び、自らがボイストレーナーについて声を鍛え、そのノウハウを身につけることが必要です。

●収入は?

レッスン料の相場は、ポップスで1回2000円から8000円。クラシックでは1回1万円から5万円程度。

●労働条件は?

労働時間はフリーランスの場合は生徒次第。朝から晩まで仕事という日もあります。

●将来性は?

素人にも教える機会がふえつつあり、将来はニーズ拡大が見込まれるでしょう。

めざす学問系統・学部・学科

ボイストレーナーに関する資格

  • ヤマハ音楽能力検定民間資格もっていると有利な資格
  • 生涯学習音楽指導員民間資格もっていると有利な資格
  • 音楽検定民間資格もっていると有利な資格
  • MIDI検定民間資格もっていると有利な資格
アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • 音楽が好きだ
  • 人に教えることが好きだ
  • どんな人に対しても、分け隔てなくコミュニケーションが取れる
  • 発声に関する知識と実力を兼ね備えている

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 人文科学系統(大学)
  • 人文科学系統(短大)
  • 映像・放送・音響系(専門学校等)

芸能・音楽・エンターティナーに関連する学校を検索!

芸能・音楽・エンターティナーに関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。