イベンター

アーティストを提案しイベントの成功に手を尽くす

イベンター

コンサートの総責任者

どんな仕事?

プレッシャーはあるが、成功時の達成感や歓びはひとしお

クライアントの要望に応じたアーティストを提案し、コンサートを仕切るのがイベンター(プロモーター)の仕事です。コンサートのコンセプトづくりから、予算管理、スケジュール調整、会場の選定、アーティストの同意確認、スタッフの手配、宣伝プロモーションなど幅広く関わっていきます。
一番大切なことは、公演の収支が黒字になるようにマネジメントすること。アーティストの人気や社会状況、かかる経費などを考えて入場料の設定や会場の選定などを行います。そして、入場料と観客数からはじき出した総収入を元に公演予算を決定して配分します。この見込みが狂ってしまうと公演は赤字になるわけで、情報収集能力と正確な分析能力が不可欠です。また、外国人アーティストの来日公演を取り仕切るには、語学力や海外での人脈、外国の契約・商習慣の知識なども必要です。
地方都市では小企業や個人として営業している人も多く、歌手の地方公演などはこうした人たちによっておこなわれるケースが多いようです。
このようにイベントに関するすべてのことに責任を持たなければならないので、プレッシャーはありますが、成功時の達成感や歓びはひとしおでしょう。

イベンターにつくには?

イベント会社に入るのが早道 でも異業種からの転職も多い

イベンターになるにはイベント会社に入るのが一番の近道。やる気と行動力が問われます。その他にもレコード会社、広告代理店、新聞社、テレビ局の事業部など活躍できる場は多くあります。
また、クライアントやアーティストとの交渉がメインの仕事なので、他業界の営業職などからもムリなく転職できますし、ミュージシャンや現場スタッフからの転職組もいます。ただし、かなりの競争率なので、イベントの運営方法や技術的な知識があれば就職に有利です。

めざす学問系統・学部・学科

イベンターに関する資格

特になし

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • 集団の中では、しきり役に回ることが多い
  • 要領はいい方だ
  • 企画やアイデアを出すことが得意だ
  • 計画的に物事を進める方だ
  • 初対面の人とも臆することなく話すことができる

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 人文科学系統(大学)
  • 人文科学系統(短大)
  • 映像・放送・音響系(専門学校等)

芸能・音楽・エンターティナーに関連する学校を検索!

芸能・音楽・エンターティナーに関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。