栄養教諭

学校だけでなく地域の食育を先導

栄養教諭

教員免許取得が必要。健全な食習慣についての授業などを行います。

どんな仕事?

学校における食育実践者

小・中学校において、給食職員として献立作りに関わりつつも、「総合学習」などの時間を利用して食の授業を行い、児童の食生活改善の手助けをすることが栄養教諭の仕事です。保護者・地域住民と連携し、家庭や地域で気軽に食育が実践できるよう、栄養指導を行うこともあります。朝食を抜いたり、外食中心、「6つのこ食」など様々な課題解決のため、平成17年からスタートした栄養教諭制度。平成21年に改正された学校給食法にその役割が明記され、今後の活躍が一層期待されます。
【6つのこ食とは?】
○孤食・・・一人で食べる。共働きの家庭に多い。
○固食・・・同じ食べ物ばかりを食べる。
○小し(少)食・・・少量しか食べないこと。
○粉食・・・主食がパンやパスタなど(柔らかいもの)。
○濃食・・・味付けの濃い食事を食べる。

栄養教諭につくには?

栄養士の資格と教員免許が必要

栄養教諭になるには栄養士や管理栄養士の資格の他に一般教員と同様に教員免許の取得が必須です。栄養の知識だけでなく、教職に関する知識も習得します。

めざす学問系統・学部・学科

栄養教諭に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

おまかせ資料請求

さんぽうおすすめのパンフレットがまとめて届くおまかせ資料請求。興味のある分野とエリアを選択しよう。(地域も複数選択可能です。)

  • 家政系統(大学)
  • 家政系統(短大)
  • 食物系(専門学校等)

フード関連に関連する学校を検索!

フード関連に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。