薬剤師

薬学の知識を生かし、治療を助けます

薬剤師

医薬品の調剤、管理、研究などを行い人々の健康状態に重大な役割を担っています。

どんな仕事?

薬局以外でも活躍の場はさまざま

医師が記載した処方せんに基づき、早く正確に薬を調剤します。患者の体質や服薬状況などに応じて、処方せんに疑問点が生じた場合は、医師に問い合わせ、確認をとることも重要な仕事です。また、入院患者や在宅患者に対して服薬指導を行うなど業務も薬剤師の仕事です。

薬剤師につくには?

薬学部を卒業し、資格を得る

大学で薬学に関する知識を学んで卒業し(2005年度以前は4年、2006年度以降は6年)、受験資格を得ましょう。薬剤師国家試験に合格する必要があります。働く場はさまざまで、医療機関、薬局、ドラッグストアでの調剤業務、製薬会社、医薬品販売企業での研究開発ほか、行政機関、食品・化粧品メーカーなど多方面での活躍が期待できます。

めざす学問系統・学部・学科

薬剤師に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

細部まできちんと仕事をこなす意識が大切
  • 几帳面であること。
  • 薬品の保管管理など細かい仕事も多いため、整理整頓がしっかりできる。
  • 専門知識を一般の人にもわかりやすく説明できる。

医療・看護に関連する学校を検索!

医療・看護に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。