歯科技工士

入れ歯や差し歯作成のプロフェッショナル

歯科技工士

義歯やつぎ歯(入れ歯やさし歯)、歯冠、詰め物、歯列矯正装置などの歯科補てつ物等をつくるのが主なしごとです。

どんな仕事?

歯科医師の指示にもとづいて歯科技工物を製作

歯科医師から出される歯の石膏モデルにあわせて、金属などの素材を加工して、一つひとつ手づくりで精巧にしあげていきます。義歯、つぎ歯、金冠、充てん物、歯列矯正装置などの製作、加工、修理などを通して、そしゃく機能や発声機能の回復向上、審美回復など、口の中の健康づくりに重要な役割を果たします。歯科医療を側面から支える、重要な仕事といえるでしょう。

歯科技工士につくには?

歯科技工の技術を身につけ、資格を取得することが必須

文部科学大臣または厚生労働大臣が指定の養成施設で、必要な技能と知識を習得すれば受験資格が得られます。歯科技工士国家試験に合格する必要があります。働く場は歯科技工所をはじめ、歯科診療所や歯科機材メーカーなど。経験を積み、実力をつければ独立して歯科技工所を開くことも可能です。

めざす学問系統・学部・学科

歯科技工士に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

手先の器用さ、またセンスがあることも大切
  • 歯型彫刻の造形技能などの自然感を表現する美的感覚がある。
  • 細かい作業が得意。
  • モデルに合わせた補てつ物の作成に必要な繊細な感覚、確かな手技。

医療・看護に関連する学校を検索!

医療・看護に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。