助産師

出産時の介助や相談を受け、妊産婦を支えます

助産師

妊産婦の精神的な不安を緩和し、安心して分娩できるよう手助けをします。「生命の誕生」に立ち会える魅力的なしごとです。

どんな仕事?

安心した分娩を手助けする、重要なしごと

妊産婦の不安や恐怖感をやわらげ、安心して分娩できるように、保健指導、分娩時の介助、育児相談などを行います。情緒不安定になっている妊産婦を精神的に支えます。また母体や新生児をケアするだけでなく、妊娠初期から出産まで継続して援助したり、出産後の育児指導・家族指導まで行います。

助産師につくには?

看護師の国家資格または受験資格が必要

看護師国家試験に合格、または看護師国家試験の受験資格を持っていて、文部科学大臣の指定した学校において6カ月以上、必要な技能と知識を習得するか、厚生労働大臣指定の助産師養成所を卒業すると受験資格を得ることができます。助産師国家試験に合格する必要があります。働く場は、病院や保健所、診療所、母子保健センターなど。また助産師は法律で開業権が認められているため、助産院を開業して活動している人もいます。

めざす学問系統・学部・学科

助産師に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

妊産婦の不安をやわらげる気配り・行動が必要
  • 妊産婦のよき相談相手となるため、相手の話にじっくり耳を傾けられる。
  • 冷静で的確な判断力
  • 機敏な行動力

    医療・看護に関連する学校を検索!

    医療・看護に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。