臨床工学技士

生命維持装置などのME機器を取り扱う医療工学の専門家

臨床工学技士

人間の生命を維持する呼吸、血液の循環、代謝を一時的に医療機器に代行させたり、補助させたりする生命維持管理装置の操作と保守・点検・管理をします。

どんな仕事?

高度な医療機器を扱い治療を助けます

医師の指示のもとに、生命維持管理装置の操作をしたり、保守や点検を行います。生命維持装置には人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸器装置、高気圧治療装置、除細動装置、体外式心臓ペースメーカーなどがあります。医療チームの中では唯一、機械・電子装置などの工学的な知識をもつスペシャリストであり、患者からの信頼を得る必要もある重要なしごとです。

臨床工学技士につくには?

医学的な知識と工学的知識の両方を身につけよう

厚生労働大臣または文部科学大臣が指定する教育機関(大学・短大・専門学校)で必要な技能と知識を習得すれば受験資格を得られます。毎年3月に実施される臨床工学技士国家試験に合格する必要があります。主に病院で活躍します。医師、看護師などともにチーム医療の一員として、患者の生命維持をサポートしていきます。高性能な機器を操作する臨床工学技士の役割はますます重要となっています。

めざす学問系統・学部・学科

臨床工学技士に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

最先端の医学技術の知識を得る向上心が重要。
  • 強い責任感と思いやりのある人。
  • より高度な知識を身につけ、技能を磨こうとする意欲のある人。

医療・看護に関連する学校を検索!

医療・看護に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。