義肢装具士

失われた身体機能を再生する高度な専門知識と技術の持ち主

義肢装具士

医学や工学など幅広い知識と技術が求められます。

どんな仕事?

患者さん一人ひとりに最適な義肢を提供

義肢は、身体の欠損部分の機能を補う義手や義足などの補装具で、装具は、身体機能の回復や機能低下防止のために身につけるコルセットなどの補装具です。これらの補装具を患者一人ひとりに最適なものを提供するため、装着部分の採型・採寸・補装具の制作・できあがった補装具の装着・適合状態の調整・装着後のリハビリテーションを行うのが義肢装具士の仕事です。日本の義肢装具の技術は、海外からも高く評価されています。
義肢・装具は、切断された手足や患部によりよく適合し、機能がすぐれかつ不快感のない耐久性のあるものが要求されます。したがって、義肢装具士には医学と工学などの幅広い知識と高度な専門知識が必要となります。

●卒業後の進路

多くは義肢装具制作会社に所属し、病院、リハビリテーション施設、肢体不自由児施設などに出向して義肢装具の設計、製作、適合などを行います。また総合病院や整形外科医院、診療所、補装具制作施設などもあります。

義肢装具士につくには?

国家試験である義肢装具士試験に合格して免許を取得

義肢装具士試験(国家試験)に合格すると免許が与えられます。(厚生労働大臣の免許)国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

1.高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成施設(専門学校など)で3年以上必要な知識と技術を修得する。

2.大学などで1年(高等専門学校は4年)以上修業し、厚生労働大臣の指定する科目を修め、指定養成機関で2年以上必要な知識と技能を修得する。

3.厚生労働省の義肢装具の技能検定に合格し、指定の養成施設で、1年以上必要な知識と技能を修得する。

4.外国の相当する学校卒業者または免許所持者で、厚生労働大臣の認定を受ける。

めざす学問系統・学部・学科

義肢装具士に関する資格

アイコンの説明
  • 国家資格=国家資格
  • 公的資格=公的資格
  • 民間資格=民間資格
  • 必須資格=必須資格
  • もっていると有利な資格=もっていると有利な資格

適性-こんな人に向いている-

  • 手先が器用だ
  • 細かい作業が得意だ
  • ボランティアなど、人助けが好きだ
  • 幅広い年齢の人とも気軽にコミュニケーションできる

医療・看護に関連する学校を検索!

医療・看護に関連する学校を探してみよう!いろんな情報をみて進路探しに役立ててね。