学費・奨学金・特待生制度

給付型奨学金導入で、経済状況の厳しい生徒をバックアップ

史上初!国の給付型奨学金

大学や短期大学、専門学校に進学する上で、気になるのはなんといっても学費や生活費などの経済面。「進学したいけど学費が心配」…そんなあなたを強力にバックアップしてくれる、さまざまな学費サポート制度をご紹介します。

政府 2018年度から給付型奨学金を本格導入

政府は住民税非課税世帯を対象とした、1学年2万人規模の給付型奨学金を新設します。国立大、私立大、自宅生、下宿生などに応じて、月額2万円、3万円、4万円の三段階で支給します。

給付型奨学金【新制度】

日本学生支援機構【貸与】【給付】

  • ●もっとも有名で、利用者が多い。
  • ●卒業後に返済する必要がある。
  • ●利子のつかない「第一種」と利子のつく「第二種」がある(在学中は利子がつかない)。
  • ●「第一種」と「第二種」を一緒に利用できる。
  • ●原則として入学前には受給できないので注意。
  • ●給付型は高3の春より受け付ける予約採用のみとなり、ほか条件があり注意。

地方自治体の奨学金【貸与】【給付】

  • ●地域に保護者が住んでいることが条件。
  • ●卒業後に返済する必要があるものが多い。
  • ●採用人数は少ない。
  • ●成績などの基準はゆるやか。

学校独自の奨学金【貸与】【給付】【免除】

  • ●学業・人物ともに優れていて、経済的に就学が難しい場合、対象となるケースが多い。
  • ●入学金や授業料などの全額免除や減額になる「特待生制度」や、「予約採用給付奨学金制度」がある学校もある。

新聞奨学生【貸与】

  • ●学費等を新聞社(奨学会)が原則無利子で貸与。学生は朝刊の配達等の仕事で返済する。
  • ●毎月の給与の他、寮や通学費、食費なども用意してもらえることが多い。
  • ●途中で辞めた場合、原則として差額を1回で返済しなければならない。

教育ローン【貸与】

  • ●用途が教育関係に限られており、一般のローンより金利が低い。
  • ●「日本政策金融公庫」が行っている国の教育ローンが有名。
  • ●入学前に必要分をまとめて借りることができる。
  • ●銀行や信用金庫、労働金庫、JAバンクなどさまざまな金融機関で取り扱っている。

給付型奨学金【新制度】(2018年度進学者)

【趣旨・目的】
高等学校等において優れた生徒であって、大学等への進学の目的及び意志が明確であるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な生徒に対して、返還の必要のない給付奨学金を交付することにより、大学等への進学を後押しすることを目的とするものです。進学を後押しするため、進学前に採用候補者を決定する予約採用により申込みを受け付けています。
1.募集対象者
平成30年度に大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学を予定している人、および高等専門学校3年次から4年次に進級する予定の人であって、以下のア又はイのいずれかに該当する人
  • ア.住民税非課税世帯(市町村民税所得割合が0円)の人、又は生活保護受給世帯の人
  • イ.社会的養護を必要とする人(詳しいガイドラインは日本学生支援機構のHPを確認)
2.基準
具体的な基準は、機構から提示するガイドラインを踏まえて各高等学校などが定めます。
各高等学校等は、定めた推薦基準に基づいて選考を行い、機構が示す推薦枠の範囲内で機構に採用候補者を推薦します。
3.給付月額
給付型奨学金
※国立で授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が減額されます。
※社会的養護が必要な人は、別途一時金として入学時に24万円を支給します。
4.申込み
申込みは在学している高等学校等の奨学金窓口を通して行います。なお、申込受付は大学等への進学前(高等専門学校生は4年次進級前)に行います。進学後の申込受付は予定していません。高等学校卒業程度認定試験の合格者で合格後2年以内の人または合格する見込みの人は、機構に直接申し込みます。

※平成30年度進学者に係る給付奨学金の申込受付は終了しました。(日本学生支援機構HPより)