STEP3.段落構成

段落とは、意味や内容のまとまりのことです。文章を構成するうえで非常に大切な役割をもちます。段落の分け方にはさまざまな考え方がありますが、ここでは小論文で主流になっている「序論」「本論」「結論」という三段構成のものを紹介します。

役割 内容(字数配分)
序論
(問題提起・仮説提示)
問題提起し、それに対する主張や考えの方向性を示す。(字数配分:10~15%)
本論
(理由説明・証明)
問題提起に対する主張の根拠を、調査や分析をして分かった事実をもとに述べていく。そして自分の主張の正しさを客観的に証明する。(字数配分65%~80%)
結論
(まとめ)
第二段落での証明や理由付けをもとにして自分の主張(意見)を明確に述べる。(字数配分:15~20%)

形式段落と意味段落

ここで意味段落と形式段落について理解しておきましょう。

形式段落
改行一字下げをしているところから、次の改行までのまとまりのこと。読みやすさを重視するために設ける。

意味段落
意味や内容のまとまりによって分けられる。述べている内容が共通している一つ以上の形式段落で成り立つ。
※序論・本論・結論の三段構成を紹介しましたが、形式段落の数は3つ以上になっても構いません。各段落の役割をはっきりとさせて始めから最後までしっかりとした筋道を用意することが重要です。

中心文(トピックセンテンス)

それぞれの段落には、その段落の中で最も述べたいことが書かれている文があります。それを中心文(トピックセンテンス)と呼びます。段落は意味や内容のまとまりで分けるべきなので、1つの段落に中心文は1つが原則です。つまり、中心文で書いたことと話の内容が変わるときに段落を変えます。

小論文・志望理由書添削講座

息抜きに行きたい学校を探してみよう!
興味のある分野・エリアを選んでサクっと検索!

気になる学校のパンフレットをもらおう!
60秒でカンタン資料請求!