高校生のための内定GET!就職面接

面接の基本

面接がなぜ重要か?面接をする理由と見るポイントはここ

面接官は面接中に「期待する人物像に近いか」を見ている

入社試験では必ず面接が行われます。「本人の人間性や人柄、協調性」をみるためにどのような業界、どのような規模の会社でも必ず行われています。アルバイトの採用試験でも行われていますが、就職試験はみなさんの長い将来を左右する重要な試験であることを忘れないでください。就職して社会人になれば、学生のときより人間関係は大きく広がります。仲の良い人たちだけとお付き合いをするというわけにはいきません。仕事をしていく上では学力以外にも様々な要素が問われますので、企業は面接をとおしてそれを判断し「期待する社員に近い人物」を選んでいるのです。
企業は、「話し合いにより意志を相手に伝え、理解してもらうための重要な手段」として面接を実施しています。

面接をする理由
・期待する学生像に近い人物を選べる
・本人の入学意志が固いかを確認できる
質問内容
・志望動機
・高校生活のこと(思い出等)
・職業に対するイメージ
・人柄PR等
見るポイント
①第一印象
→身だしなみ(服装・頭髪・ツメ・ひげ)
②態度・動作・話し振り
→入退室動作、お辞儀(気をつけ、礼の姿勢、直立姿勢)、座り方、声の大きさ、言葉遣い、視線
③話の内容
→表現力・理解力

面接はどういう方法でやるの?

面接のパターンはいろいろ。複数人数で行うことが多い

面接官が一人だとその面接官の判断が全てになってしまうため、通常面接官は複数で実施し、総合的な判断ができるような形式で行います。

<個人面接>
受験者1名 対 面接官1名
受験者1名 対 面接官複数
<集団面接>
受験者複数 対 面接官複数
受験者複数 対 面接官1名
<集団討論>
受験者同士が討論する形式。
司会は面接者が行うことが多いが、受験生に任せることもある。
<面談形式>
進学希望者のAO入試等に見られる形式で相談しながら話を進めていく。

面接ではここが見られる

(1)第一印象(身だしなみ)

面接で判断されるのは人物像や知識だけではありません。服装が乱れていれば第一印象を悪くしますし、本人がやる気や熱意をいくら訴えても、面接官が身だしなみで悪い印象を持ってしまえばそれも伝わりにくくなってしまいます。「この生徒にはうちの学校(会社)に来てほしい」と、思ってもらうために、まずは身だしなみをきちんとしてよい印象を与えましょう。

服装は第一印象の重要な要素
デパートなどで買い物をするとき、みなさんは何を基準に商品を選びますか? 商品の機能性、デザイン、価格など様々な要素があると思います。しかし、その商品を買おう と決めたとき(買ったとき)、その商品のパッケージが乱れていたらどうでしょうか? あまりいい印象は受けないでしょう。陳列されている中に同じ商品できれいに包まれているものがあればそちらを持っていきませんか?

就職試験も似たところがあります。中によい商品が入っていてもきれいに包まれていなければ購入者に敬遠されてしまいます。もちろん、この場合の購入者とは「学校(会社)」です。そして、商品とは、相手に人材として自分を売りこまなければいけない「生徒」、つまりみなさん自身です。面接の練習で「第一印象が大事」と言われることがあると思います。みなさんにやる気があっても、高校時代に立派な実績を持っていても、自分が商品を買うときのことを考えると、服装(身だしなみ)はきちんとしないといけないことがわかりますね。

身だしなみ

(2)態度・動作・話し振り

受付
受付
面接官と話をしているときだけが試験ではありません。受付をするときから試験は始まっているのです。自分の服装をチェックして会社または学校に入ったら、受付できちんとあいさつをしましょう。
(例)「御校(御社)の入学(入社)試験を受験する○立○○高等学校から参りました○○です。よろしくお願い致します。」と明るくハキハキと話しましょう。(相手の目を見て話すこと)
控え室
係の人の誘導に従って面接会場に案内されると控室で待機することになります。控室では自分の順番が来るのを静かに待ち、試験に備えましょう。
控え室
入室動作
入室動作
入室動作
着席動作及び姿勢
面接官に席をすすめられてから、静かに歩きイスの横に立って「失礼します」と言って着席します。なお、部屋に入ってお辞儀をした時点で面接者に「こちらへどうぞ」と言われる場合もあります。この場合イスの横に立った時点で自己紹介をし「どうぞお座りください」と言われてから「失礼します」と言って着席します。
入室動作
質疑応答の対応
<視線>
面接官の目を見て答えること。どうしてもそれが苦手だと言う人はそれより少し下(ネクタイの結び目あたり)でも可。視線が定まらなかったり、全く(面接官)と違う方向を向いたりするのは、自信がなかったり考えがまとまっていないように見えます。
<手足>
頭をフラフラさせたり、手足をやたらと動かしているのは、面接官に不快感を与えます(説明中にジェスチャーとしてどうしても必要な場合は多少手を使うことも可)。貧乏ゆすりや落ち着きのない態度も不可。
<音声・スピード>
面接官が聞き取るのにちょうどよい声の大きさで話しましょう。また語尾が聞こえないと結局結論がわからないので(「ます」「ました」「ません」など)語尾まではっきり聞こえるように答えましょう。早口だと聞き取れないし、あまり遅くても緊張感がなく、不真面目に思われてしまうかもしれないので話すテンポも考えましょう。
<言葉遣い>
面接は友人と話をしているわけではありません。正しい言葉遣いをしましょう。友達と話すときのような略語や流行語は使用しないこと。普段から意識しながら話をしてみましょう。(バイト→アルバイト、チャリ→自転車、やっぱ→やはり、などきちんと言いましょう)いざ本番というときに、思わず普段の言葉で話してしまったという例もあります。また語尾が伸びたり、上がったりする話し方もやめましょう。
<理解力>
面接官の質問内容を正しく理解しているか、答えるポイントは何か、普段から人の話をよく聞いて何を問われているのか考えましょう。
<表現力>
面接官の質問内容に対し自分の考えをわかりやすく正確に伝えることが重要です。難しい言葉を使う必要はありません。長すぎず、短すぎず道筋を立てて簡潔にまとめましょう。
以下のようなことにならないように注意しましょう。
注意
わからないときは正直に「わかりません」と伝えましょう。
その際には「これから勉強する」など前向きな言葉を添えるといいでしょう。知っているふりをしても少し詳しく聞かれて答えがあいまいだと面接官にはすぐにわかってしまいます。
苦戦しても落ち込まない!
時にはわからないことや解答に困ってしまうことがあるかもしれません。それが基本的なことであれば問題ですが(学校の担任の先生名など)、そういった質問は実は面接官があなたに期待しているケースがあります。詳しい内容を聞いたり、難しい内容を質問して意欲や知識を確認するのは「もっとこの人のことを知りたい」と、面接官が興味を示している証拠です。また、学校では厳しい課題が出たり、会社の中に入ってもうまくいかないことがきっと出てきます。しかし、「この子ならこういう危機をどのように乗り越えるか」を見てみたいと思うと難しい質問を投げかけてくることもあります。ですからわからなかった質問やうまく答えられなかった質問があっても落ち込まないようにしましょう。もちろんその結果が不合格(不採用)であった場合には次の試験に向けて切り替えていかないといけません。
退室動作
面接終了を告げられたら
①「はい」と返事をし、
②イスの横に立って、「ありがとうございました」と言ってから感謝の意味を込めてお辞儀(最敬礼45°)をします。
③ドアの前まで歩いたあと、面接官の方を振り返って、「失礼します」と言ってもう一度礼(敬礼30°)をしましょう。
④部屋の外に出たあとで、もう一度面接官にかるく会釈してからドアをゆっくりと閉める(ここでもドアは片手で開け閉めしない)。
入室動作

こんな質問をされます。
~入社試験 面接の心構え~

ここでは実際の面接においてどのような内容を質問されるか、主だったものに焦点をあてて見ていきましょう。面接官がその質問をするには何らかの意図があります。それも踏まえて考えていきましょう。

(1)志望動機について

面接官の目
なぜ当社なのか。同じ業種がたくさんある中で、なぜ選んだのか。受験者本人の目的意識や意欲、会社に対するイメージなど、入社後のことまでを見通してあなたの全体像を確認します。
受験者の対策
数ある中から受験先を選ぶには本人の中で何らかの基準があるはず。なぜそこを選んだかという明確な理由を説明し、かつ、面接官にそれがうまく伝わるように話さなければなりません。どこにでもあるような、いわゆる模範回答を話すだけでは面接官へのアピールになりません。そのためには事前の会社研究が重要です。

(2)欠席日数に関すること

面接官の目
普段の生活をきちんとしているか。欠席や遅刻が多いのは自己管理が甘い証拠。会社を休めば他の人の負担が増え、迷惑がかかりますし、時間にルーズであれば団体行動ができません。
受験者の対策
これまでに休んでしまった分はもう取り戻せません。今の時点から欠席ゼロを目指して頑張りましょう。1年生の時に欠席が多くても3年生で無遅刻・無欠席であれば「進路を考え始めたときに心を入れ替えた」など努力したことをアピールするのもいいでしょう。しかし、基本は少ない方がいいわけですから、3年間を通して学校は休まないようにしましょう。

(3)希望職種や入社後の抱負について

面接官の目
自分の職業観、やってみたいことなどを確認。入社後の配属先として希望職種に適性があるかなども見ます。適性検査でも見ていますが、適性検査を実施しない会社もあり、比重としては面接の方が大きいです。
受験者の対策
配属は会社で決めることなので自分ではどうにもなりません。しかし、希望職種を聞かれてそれがあるのならはっきり答えましょう。また、なぜその職種を希望したか、その理由も明確に答えられるようにしましょう。面接官の心に響けば希望が現実になるかもしれません。

(4)会社見学の印象に関すること

面接官の目
受験先の会社を見学しておくことは受験準備の中では基本中の基本です。どこに魅力を感じたか、(会社をよりよくするための)問題点を指摘できるかなど、見学したからこそ出てくる言葉に注目しています。
受験者の対策
会社見学は必ず実施しましょう。そして、面接では自分の考えを主張しましょう。百聞は一見にしかず。まずはしっかり見学することです。面接で答える際には誇張せずに自分の考えを述べましょう。よくないと思ったこと、改善した方がもっとよくなることなどについて聞かれたときは、利用者の視点から答えるようにするとうまくいくでしょう。

(5)長所・短所に関すること

面接官の目
人柄・人間性など受験者の個性をチェックします。
受験者の対策
長所を言うときは照れずに自信を持って答えましょう。また短所は見方を変えれば長所にもなるような答え方をしましょう。短所はあまり強調する必要はありません。

(6)好きな教科・嫌いな教科に関すること

面接官の目
学習において好きな教科、嫌いな教科を質問して、嫌いな教科が多いと仕事も「嫌いな仕事」が多くなるのではないかと連想します。直接的ではありませんが配属について考えることもあります。
受験者の対策
素直に答えればよい質問ですが、あまりに嫌いな教科が多いのは上記の理由により好ましくありません。

(7)日常生活・社会への関心に関すること

面接官の目
学校以外での活動について確認します。
受験者の対策
日常生活(趣味など)は直接仕事と関係あるわけではなく、またプライベートの部分ですから、最近はあまり深く質問されることはないかと思います。また、日常生活に関わることが合否の決定的な理由になるとは考えにくいです。むしろ受験生の緊張をほぐすために軽く触れる程度の質問になると予想されますから、あまりに突拍子もないことでも答えない限り問題はないでしょう。(とはいえ、履歴書の趣味・特技欄に書いたことについては細かい内容まで質問されるケースも見られます。その場合に、具体的に答えられる話を用意しておきましょう。) 社会への関心については、一般常識を身につけたり自分の好きなこと以外でも最近話題になっているニュースをチェックすることが必要です。新聞で自分の興味ある記事を読んだり、TVのニュースを見たりして関心を持つようにしましょう。新聞を全部読むのは大変なので、見出しだけでも読んで、「こんなことが今ニュースになっている」ということを確認しておきましょう。

(8)自己PR

面接官の目
自分のことをうまく紹介できるか。自己分析をきちんとしているか。当社にふさわしい人物か、などの志望動機とは違った角度から、企業が「期待する人物像」かどうかを確認します。
受験者の対策
自分のことを初対面の人に紹介するのは意外と難しいことです。しかし、自己PRは面接官にインパクトを与えられるチャンスでもあります。人とは違った自分のよい面をぜひアピールしましょう。しかし、笑いを取ろうとしたり、不真面目な態度で臨んではいけませんし、いいところを見せようと嘘をついたりすることはもちろんしてはいけません。

自分で考えて答えてみよう
~面接事例集~

なぜ当社を受けようと思ったのですか
(メーカー)御社はこれまでとは違った分野の製品にも挑戦していくと会社案内で拝見しました。その前向きな会社の方針に魅力を感じていますし、その製品製造に関わる仕事をやってみたいと思って御社を志望しました。
(サービス)私は部屋の掃除や模様替えを趣味にしています。学校での清掃も非常に力を入れ、常にきれいな環境で学校生活が送れるように心掛けていました。進路指導の先生からもメンテナンスの仕事は私に合っているのではないかと推薦されました。私もまわりの方の役に立てる仕事だと思い志望しました。
欠席状況はどうでしたか
これまでは無欠席です。これからもこの状況を続けられるようにがんばります。
欠席は30日ありますが、部活でケガをしてしまい、1ヶ月ほど入院をしてしまいました。入院以外の欠席が2、3日ありますが、ほとんどの日数がそのケガの入院によるものです。
希望職種はありますか
私は人と話をするのが好きなので営業をやってみたいです。お客様が製品(サービス)に満足されたときは私も一緒に喜べると思います。その充実感はきっと私が仕事をしていく上でのやりがいとなります。
経理を担当したいです。高等学校では簿記の資格を取得しました。私の性格にも経理は向いていると思いますし、高等学校で勉強したことを生かせる仕事であることにも魅力を感じています。
会社見学の印象はどうでしたか
(オフィス)社員の方が大変真剣に仕事に取り組んでいる姿が印象的です。自分の仕事に責任を感じながらやっているのではないかと思いました。
(工場)担当していただいた社員の方の説明がわかりやすく、製品が私たちの手元に届くまでには様々な過程を経ていることがわかりました。私もその一翼を担う仕事をできたらうれしいです。
あなたの長所(短所)はどのようなことだと思いますか
(長所)なにごとにも挑戦する積極性と前向きな姿勢です。仕事ではうまくいかないこともあると思いますが、そのようなときも落ち込まず、その経験を自分の糧としていきたいです。
(短所)決断するのが遅いことがあります。そのときはあまりにも慎重になりすぎているのではないかと思っています。これからは思い切った決断が必要なときは素早く対応できるように努力していくつもりです。
好きな科目・嫌いな科目は何ですか
好きな科目は英語です。将来は海外を旅行してみたいです。そのためにも英語の勉強をやり続けたいです。きらいな科目は数学です。1つの答えを導くためにいろいろな計算をするのが苦手なのですが、わからないことは先生に聞くように心がけています。
休みの日は何をしていましたか
部活動の練習がある日が多かったのでほとんど部活動に参加していました。練習のない日には趣味の読書をすることが多かったです。(読んだ本のことを聞かれる場合があるので本のタイトル、著者、内容を答えられるようにしておきましょう)
最近関心を持ったニュースは何ですか
平成29年度の高校生の就職率が98.0%となり、今年は26年ぶりの高水準というニュースに興味を持ちました。まさに、その立場にいる私にとって、その数字だけを見るとうれしいニュースですが、地域格差や求人企業の偏りなどを考えると就職を考えている高校生みんなが希望の就職先に就けるとは限りません。また、高卒就職者の約4割が3年以内に離職してしまうというデータもあるので、自分自身の進路はしっかり見極めたいと思っています。
高校生活で印象に残っていることは何ですか
部活の合宿です。実際に合宿をしているときはとてもつらくて大変でしたが、その努力が報われて大会ではよい成績を残すことができました。(この場合、県大会で○位でした、など具体的に答えられるようにしておきましょう)あとで振り返れば、あの合宿がなければ大会の成績も残せなかったと思います。今となってはいい思い出ですし、つらいことがあってもやっていけるという自信にもなりました。
自己PRをしてください
いつでも元気よく挨拶をしています。学校の中では近所の方とも挨拶を欠かさないように心掛けています。そうすることで相手も元気になるでしょうし、初対面でもよい関係を作れたことがありました。社会人になると、これまで以上に人間関係が大きくなっていくので、いろいろな人と出会うチャンスがあると思います。この特徴を生かしてよい関係を作れると自分でも期待しています。
やってみよう!練習問題

穴埋め問題(PDF)

元・人事担当者が語る
「みなさんはこんな失敗やめましょう」

面接現場で実際にあったエピソード
~面接事例集~

事例1【欠席理由】
「朝、熱を測ったら42度ありました」
面接官に欠席理由を聞かれてY君は「風邪で休みました」と答え、さらに、「熱が出たので、体温計で測ったら42 度ありました」と加えました。面接者は「よく忘れないで覚えていましたね」と言って「それは記憶違いではないですか」とは言いませんでした。体温計で測って正確な数字を挙げることが出来なかった失敗です。Y君は風邪をひいたのは本当でしたが、体温計で測ってはいなかったのです。働くには健康が第一条件になります。健康管理ができているかを見られているので、体温は正確に測り、体調管理することは、社会人として当然の責務です。
事例2【志望理由】
「本当は今でも進学希望なのですが~」
この回答も企業から見たら印象が悪いです。本人はかなり進学したい気持ちが強く、経済上の理由等で就職しなければならない状況にあるのだと思います。しかし、このような気持ちが強い中では、会社に入ってからも企業はきちんと仕事をしてくれるか心配です。経済的な余裕ができたらその時点で辞めて(進学して)しまうのではないかということも考えてしまいます。そして、何より、ほかの受験生の中には、「どうしてもこの会社に入りたい」という強い気持ちを持って受験に来ている生徒がいるのです。そのような生徒と比べたときにどちらを面接官が採用するでしょうか。本人の気持ちはわかりますが、たとえ事情があっても面接官の前であからさまに答えるのはやめましょう。迷いながら仕事をしても、すぐに続かなくなります。
事例3【社風】
「社風が私にぴったりです」
「社風」は実際に入社してから徐々に分かっていくというもの。「入社前からそんなことがわかっているのだろうか?」と疑問を持たれてしまいます。「当社の社風とはどのようなものだと思いますか」という質問が次に来るかもしれません。しかも「ぴったりです」と断言していますから、この質問に答えられないと結局自分が何に合っているのか説明できないことになってしまいます。ただし、本人がそう思ったのは間違いないわけですから、熱意は高いはずです。ここは誤解を招かないためにも「会社見学の際に自分が仕事をしていくのに働きがいのある職場だという印象を受けた」「御社の事業方針、特に~に魅力を感じた」など、具体的に説明するのが良いと思います。(ただし、会社見学の際に担当者が「当社の社風は~です」と説明があった場合や会社案内に社風の説明がされている場合は可)
事例4【運】
「運良く~」
この回答は一見、何の問題もなさそうです。受験生も本当にそう思って回答していることでしょう。しかし、「運も実力のうち」とはいえ、自分の主体性(考え)が希薄と受け取られるかもしれません。運で入社するのではなく、実力で入れるように自分の主張したいことをきちんと説明できるように練習しましょう。
事例5【欠席日数】
「欠席や遅刻(早退)の回数はわかりません」
これは実際に欠席や遅刻(早退)が多いと判断された場合に質問されるのが通常です。ですから、その時点で回数がわからないというのは自己管理能力不足と認識されてしまいます。また、時間に対してルーズで自覚が足りないということにもなります。仕事をしていく上では時間厳守は当然のことなので、このような状況で仕事を任せることはできません。また、本当は多いのに「1回です」など嘘をつくことは絶対にいけません。回数をきちんと把握しているかと同時に本当のことをきちんと報告するかということも確認しています。
事例6【通勤・給料・休日】
「会社が近く通勤に便利なので」「給料やボーナスが高いので」「休日が多いので」
志望動機に自分の考えが見られません。逆に言えば、より「近い」距離の、あるいは「交通の便がいい場所」にある企業、「給料の面で待遇がいい」、「休みが多い」企業が見つかれば、業種・職種関係なく、転職してしまう可能性があるということです。また、「叔父、叔母が働いているから」といった理由も自分の考えが見られず使用しない方がよいです。
事例7【先生】
「先生に薦められて」
自分が強く希望していて先生と相談した結果で賛成されたならともかく、「先生に薦められて」というとやはり自分の考えが見られません。「保護者に薦められて」も同様です。企業に入って働くのは先生でもなければ保護者でもありません。自分が希望する企業かどうかきちんと検討する必要があります。
事例8【将来性】
「将来性があるので」
社風と同様、どのような理由で将来性があるかないか判断できるのか疑問です。また、企業が取り組んでいる事業はどのような分野であっても進歩していきますから、各企業はその将来を見据えています。ですから「今必要とされている」ことを実施している一方で、「将来性がある」と思うことにも取り組んでいるのです。将来性がないもの(こと)は生産中止にする、撤退するなどの処置をしています。そのような中でこの回答は有効とは言えません。
事例9【高校紹介・高校生活】
「県内でも底辺校で、これと言って特徴はありません。楽しい思い出もとくにないです」
責任感、協調性、向上心を高校生活でどう培ったかを見ています。自分の出身校を底辺校としか見られない受験生は、入社できても「最低の会社に入ってしまった」という見方しかできず、良い点の発見能力が不足しています。「欲しい人材」とは言えません。
事例10【修学旅行】
「夜に友達と枕投げをしました。楽しかったのですが、先生に注意されました」
面接者の頭の中にその旅行の状況が映るように話すことが第一です。また、旅行の行先を述べないと減点されることが多いです。修学旅行は、その地域の歴史、産業、特産物、観光名所など普段は勉強できないことを体験するイベントですから、そこで学んだことをしっかりと説明しましょう。また自分の体験談を話すときは、構想を練ってから話すことが大切です。上記のような枕投げの思い出は友達同士で集まったときには盛り上がるでしょうが、就職の面接試験で答える内容としてはふさわしくありません。
内定合格する人の共通点はこれです
  • 1. 挨拶ができる人(きちんと声を出して挨拶ができることが身についている人)
  • 2. 笑顔の素敵な人(協同生活にプラスとなる)
  • 3. その企業に入社したい気持ちで試験に臨む人(面接官にはすぐわかります)
  • 4. 自分の高校生活と在籍高校に誇りをもっている人(目の輝きが違います)
  • 5. 言葉づかいや礼儀に気をつけている人(品格が見られています)

高卒求人票の見方
履歴書の書き方