学部・学科・コース

表示

社会学部 人間心理学科

<心理学を学び、生活や仕事に役立てる>
心理学に関する基礎的な用語、調査・研究手法を身につけ、発達心理・社会心理・臨床心理や脳科学・生理学の諸領域から人間の心への科学的なアプローチを学びます。3年次から公認心理師コース、心理学調査・実験コース、教養心理学コースを選択し、実験や実習などを通して人間・社会に関わる専門的な研究に取り組みます。

表示

社会学部 現代社会学科

<現代社会を知り、解決に主体的に取り組む>
地域社会(ひと)と資源(モノ)と制度(しくみ)の3つの視点から現代社会を捉えるための基礎的な知識を学びます。フィールドワーク・プログラムでは1年次に基礎を学び、2年次に理論と技術を学びます。現代社会を捉える視点を持ち、現場での調査力で、課題解決に取り組む力を身につけます。3年次では6つの研究分野からゼミを選択し、専門知識を身につけながら、フィールドワークを実践して自身の研究テーマを探求して発見力・考察力・マネジメント力・解決力を養います。

表示

社会学部 経営社会学科

<いきた経営を学び、リアルな仕事力を身につける>
経営と経済の理論と各業界の専門知識・スキルを学び、ビジネスに役立つ企画力・表現力・実行力を養います。企業・経営コース、会計・金融ビジネスコース、音楽・ファッションコース、スポーツビジネスコースを選択し、実在する企業の経営手法や商品・サービス、各業界の特徴やビジネスの流れを授業で取り上げ、ケーススタディとして学びます。2年次には演習・実習で実践的に、3年次にはゼミで専門性を高める研究に取り組みます。

表示

メディアコミュニケーション学部  マス・コミュニケーション学科

<充実した実践で、メディアに関わる仕事を目指す>
メディア学とコミュニケーション学の理論を学び、考えるための方法論や問題解決のための論理的思考法、より身近な現象を相手にわかりやすく伝える手法を身につけます。演習・実習では、マスコミ界の第一線で活躍してきた教員の指導を受け、映像や雑誌制作、商品やイベント企画など制作に関わる技法を基礎から学びます。3年次からコミュニケーションビジネスコース、ジャーナズムコース、エンターテインメントコースを選択し、さらに専門的に学び実社会で求められる知識とスキルを身につけます。

表示

メディアコミュニケーション学部  情報文化学科

<ICTと英語を使いこなすスペシャリストになる>
ICT(情報通信技術)と言語(英語)を学び、異文化を理解して正しく情報を活用したコミュニケーションを取る能力を身に付けます。英語学習は少人数制で4技能のしっかりとした基礎を養い、アクティブラーニングを主体にコミュニケーション能力とプレゼン技術を習得します。また、情報処理基礎では、効率的な情報検索および収集技法、情報倫理、文書作成・データ処理・プレゼンテーション技法などの情報処理技術を習得します。

表示

メディアコミュニケーション学部  こどもコミュニケーション学科

<子ども教育のスペシャリストになる>
保育士資格と幼稚園教諭一種免許状を卒業時に取得します。保育学と幼児教育学を中心に、教育学や福祉学、心理学など学び、子どもについて深く理解します。書くこと・話すことに加えて実技を身につけ、子どもたちが持つ可能性を引き出す実践力を養います。1年次から始まる実習プログラムで様々な知識と体験を結び合わせることで、必要な「コミュニケーション力」を養います。

江戸川大学をもっと知るなら!

  • 江戸川大学のパンフレットをもらう