学部・学科・コース

表示

管理栄養士科

病院福祉栄養プログラム
スポーツ栄養プログラム
食品研究・開発プログラム
給食マネジメントプログラム

病院福祉栄養プログラムスポーツ栄養プログラム食品研究・開発プログラム給食マネジメントプログラム

専門学校で日本初の4年制、西日本で唯一の管理栄養士科。
全国トップクラスの高い合格実績は「資格合格サポート制度」があるから!専門性の高い実践的カリキュラムで、管理栄養士に必要な知識と技能、ホスピタリティ(思いやりの心)を身につけ、現場で即戦力となる栄養のスペシャリストをめざします。

1.文系、専門・総合学科出身者でも安心。即戦力を育てるカリキュラム
講義、実験、実習&演習が結びついたカリキュラムを通じて、学びの理解が深まり確実に身につきます。

2.夢の実現まで支え続ける!資格・就職サポート
国家試験合格率と専門職就職率は、全国トップクラス。その理由は、充実したサポート体制が整っているからです。

3.希望分野を深く学べる4つの専門プログラム
4年次に、4つの専門プログラムから希望にあったプログラムを選び、専門分野をより深く学ぶことができます。

4.学生一人ひとりに合ったOne to One指導
先生との距離が近い個別指導や習熟度別の授業編成など、学生一人ひとりの状況に合わせて学びをサポートします。また、各クラスに担任がつき、「学び」だけでなく「キャンパスライフ」においてもしっかりとサポートします。

表示

栄養士科

病院・福祉栄養コース
保育園栄養士コース
スポーツ栄養士コース
フード・食品開発コース

病院・福祉栄養コース保育園栄養士コーススポーツ栄養士コースフード・食品開発コース

栄養士に必要な知識や技術はもちろん、人々の食生活を支えるためのホスピタリティ(思いやりの心)を身につける密度の高い2年間。多彩なフィールドで活躍できる栄養のプロをめざします。

1.「即戦力となる栄養士」をめざせる!
材料の準備から食材の下処理、調理から盛付まで、すべての調理工程を一人で行う「ワンセルフ実習」を通して確実に調理技術を身につけ、調理が得意な栄養士をめざします。

2.希望分野を深く学べる4つの専門コース
思い描く就職フィールドに合わせ4つの専門コース(病院・福祉栄養、保育園栄養士、スポーツ栄養士、フード・食品開発)から、希望のコースを選択できます。

3.働くフィールドを体験!多彩な課外活動
給食会社、保育園などでの校外実習やスポーツ栄養教室など課外活動が充実

4.学生一人ひとりに合わせるOne to One指導
先生との距離が近い個別指導や習熟度別の授業編成など、学生一人ひとりの状況に合わせて学びをサポートします。また、担任・副担任制度を設けており、「学び」だけでなく「キャンパスライフ」においても、しっかりとサポートします。

表示

医療事務・医療秘書科

診療報酬請求事務能力やその他スキルを身につけ、さらにメディカル・ホスピタリティを学びます。

☆診療報酬請求事務能力認定試験取得率83.3%
(2018年度生受験者実績)

☆卒業時平均資格取得数14個
(2020年3月卒業生実績)

1年次に基礎となる診療費の計算や医療保険制度を重点的に学習し、2年次からはめざす就職フィールドに合わせて3つのコース(医療事務、病院受付・クラーク、医療情報)に分かれて、より専門的な知識・技能を修得します。

医療事務コース

医療事務コース

医療事務職のスペシャリストとして、総合病院などへの就職をめざします。

☆診療報酬請求事務能力認定試験取得率83.3%
(2018年度生受験者実績)

<医療事務コース>では、診療報酬請求の事務能力やDPC/PDPSの実務能力など医療事務に欠かせない高度なスキルを身につけて、「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格はもちろん、総合病院などで活躍できる医療事務のスペシャリストをめざします。

★診療情報管理士科に内部進学して、プラス「1年」で医療業界大注目のトリプルライセンス「診療情報請求事務能力認定試験」「診療情報管理士」「医療情報技師」の取得を京栄校でめざそう!

病院受付・クラークコース

病院受付・クラークコース

病院・クリニック、調剤薬局、歯科とあらゆる医療機関への就職をめざせます。

<病院受付・クラークコース>は、基礎的な診療報酬請求の事務能力や介護などの実務能力とともに、受付・クラークに欠かせないメディカル・マナーを修得。また、病院や診療所、介護施設などに訪れるクライアントの心理や生活習慣を理解し、知識と技術に加え、常に相手目線で対応できるホスピタリティマインドも身につけます。

医療情報コース

医療情報コース

情報システムのプロとして医療機関を縁の下で支えます。

<医療情報コース>は電子カルテの導入など、情報システム化が急速に進む医療機関でニーズがますます高まる医療情報スタッフを育成。情報処理の専門的な知識と技能を磨きながら上位資格である医療情報技師の取得もめざします。

表示

診療情報管理士科

医療業界大注目の資格!カルテ管理のほか、患者さんや医療機関に役立つ情報を提供するスペシャリストを育てます。

2年間で学んだ医療の基礎知識・技能をベースに、診療情報管理士には欠かせないコーディング(疾病分類)について特に深く学んでいきます。また、実習などを通して医療現場に必要な思いやりの心(メディカル・ホスピタリティ)もしっかりと身につけます。

診療情報管理コース

診療情報管理コース

病院が一番必要とする診療情報のスペシャリストをめざします。

☆診療情報管理士認定試験合格率100%(6名中6名)
(診療情報管理士科2020年3月卒業生実績)

診療情報管理士は、患者さんのカルテ(診療録)を取り扱い、カルテに記載された病気にコードをつけることで正確で詳細な診療情報を管理するお仕事です。診療情報を正確に管理できる能力に加え、めまぐるしく変わる医療制度改革にも迅速に対応できる応用力が求められます。

またこのコースでは、「診療情報管理士認定試験」の合格だけでなく医師の事務作業をサポートする「医師事務作業補助者実務能力認定試験」の合格もめざします。

医療情報技師コース

医療情報技師コース

医療の知識とITの技術をあわせ持つ情報分野のプロをめざします。

☆医療情報技師能力検定試験 合格率100%(4名中4名)
(医療情報技師コース2019年3月卒業生実績)

医療情報技師は、患者さんのカルテなど、医療機関における情報を共有するための医療情報システムを管理・運用・開発するシステムエンジニアです。システム上の問題を発見・改善しセキュリティ強化するなど業務の効率化を図ります。医療情報技師として不可欠な「多くの情報の中から本当に必要な情報を見分ける力」を身につけるとともに、考える力や解決する能力である「人間力」を育てます。

またこのコースでは、医療現場で最も注目されている資格である「医療情報技師」と「診療情報管理士」のWライセンス取得をめざせます。

京都栄養医療専門学校をもっと知るなら!

  • 京都栄養医療専門学校のパンフレットをもらう