学部・学科・コース

表示

愛犬美容科/愛犬美容研究科

トリマーは、それぞれの犬自体の魅力を最大限に引き出すのが仕事です。そのため、たくさんの犬種と接し、経験を積み重ねることで、技術を養う必要があります。
愛犬美容科では学ぶ2年間の多くを動物美容実習に費やしますので、犬とのコミュニケーション能力を高め、学内に併設された店舗での実習によりペットの飼い主さんに対する接客マナーも身につけることができます。
3年制の愛犬美容研究科では、さらに将来の独立開業も視野に入れたカリキュラムを用意しています。特に3年次では、ドッグショーへの参加に向けてのトリミング方法などを学ぶ「ショークリップ実習」や、教員のアシスタントとして1・2年生の指導や教員の補助、現場と同じように周りを見て自ら考えて行動する「アシスタント実習」、1年間グループで調査、研究した結果を発表する「卒業研究実習」、ペット業界の構造や商品知識など就職や起業に必要なノウハウが学べる「経営マネージメント」などの多彩な実習科目があります。また、愛犬美容科、愛犬美容研究科のいずれも学生個々に合ったきめ細かい学習指導を行っているため、社会人としての即戦力となる専門知識や技術を養うことが可能となっています。

愛犬美容科

愛犬美容科

たくさんの犬種に触れて、美と健康をサポートするトリマーを育てます。
(愛犬美容研究科への学内進学ができます。)
動物美容実習では、在学中に校有犬、カットモデル犬を300頭以上扱います。

愛犬美容研究科

愛犬美容研究科

プードルのショークリップを中心に学び、上級ライセンスを取得します。
より現場に近い実習を行い、独立開業できる技術力を習得します。
動物美容実習では、在学中に校有犬、カットモデル犬を700頭以上扱います。

表示

動物看護研究科

愛玩動物の増加に伴い、動物診療のニーズは多様化しています。日頃の健康管理、高齢の動物や病気を抱えた動物看護も求められます。動物看護師に必要なのは、獣医師のアシスタントとして動物たちの心身の状況を的確に把握し、動物と円滑なコミュニケーションを取ること。そのため本校の動物看護研究科では、動物に関する学術的な理解を深めて専門知識を養いながら、実習に多くの時間を費やすことで、高いコミュニケーション能力を身につけ、動物の看護に欠かせない実践力を磨いています。さらに、3年次では、先進的で高水準の設備が整った環境のもと充実した「外科手術実習」や「実践小動物看護実習」など、専門性を必要とする臨床実習を中心に学んでいます。また、3年間の集大成として「卒業研究実習」も実施。個人またはグループでテーマを決め、調査・研究を進めてその成果を発表するもので、動物看護についての理解が深まる他、一般の飼い主様への啓発活動など、実社会ですぐに役立つプレゼンテーション能力も磨くことができるようになっています。

動物看護研究科

動物看護研究科

2019年に愛玩動物看護師法が制定・告示され、いよいよ動物看護師の国家資格化が実現します。
本科では3年履修で受験可能な「愛玩動物看護師」の取得を目指します。
動物看護の専門性を必要とする臨床実習を中心にカリキュラムを編成。
動物病院で必要とされる実践力、指導力を身につけます。
人間と共に生きる動物の命を守る獣医療の現場で信頼される動物看護師を育成します。

表示

動物共生研究科/動物共生総合科

現在、人間にとって動物はかけがえのない存在になってきています。その陰で、動物が絡む様々な問題も起こっています。例えば、公共施設への出入りをする補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)や、共同住宅での飼育問題、捨てられる多種多様なペットたちが起こすトラブル、動物虐待などです。
そのような背景から動物と人間が快適でかつ幸せに暮らせる環境づくりが急がれています。正しい動物の知識と、諸問題に臨機応変に対応できる豊富な環境知識を持ち、動物と人間をつなぐ動物共生の環境をコーディネートできる人材の育成が必要になってきています。本校ではそのような人材を育成するために、動物共生研究科と動物共生総合科を開設いたしました。これまで培ってきた動物教育を基礎に、伝統ある中央工学校グループの教育ノウハウを活かし、動物と人間がよりよく暮らせるための「動物共生環境コーディネーター」の育成とライセンス取得を目指します。

動物共生研究科

動物共生研究科

動物と人間のよりよい共生社会を実現するために、美容・看護・訓練のみならず建築・福祉まで、広範囲に学びます。
(動物共生総合科への学内進学ができます。)

動物共生総合科

動物共生総合科

4年次では、希望の専門分野を専攻して学習し、業種を越えて活躍できるスペシャリストを育成します。

中央動物専門学校をもっと知るなら!

  • 中央動物専門学校のオープンキャンパス申込
  • 中央動物専門学校のパンフレットをもらう