学部・学科・コース

表示

IT・ゲームソフト科

ITの仕事で最も一般的なものは、システム開発です。システム開発とは、業務の目的に沿って必要な機能を提供するシステムを作る仕事です。システム開発では、システムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなど、さまざまな職種の人たちが連携するためのプロジェクトを組みます。
本学科では、IT業界でプログラマとして活躍できるように、ITの基礎から実践的なプログラミングまでを学修し、プログラミングスキルを身につけます。そのために、1年次には国家資格である基本情報技術者試験の学修を通じてITの基本を理解しながら、ゲームをテーマにしたプログラミングができるようになります。2年次には、産学連携によるプロジェクトベースの授業を取り入れ、職業実践的なITスキルを身につけます。

表示

AIサービス活用科

AI(人工知能)は、今まで人間が行っていた判断や推測といった知的作業をコンピュータに代替させるものです。AIはコンピュータで動作するプログラムの一種ですが、コンピュータはインターネットとつながっているので、自らデータを探すこともできます。そのデータを使って学習できれば、より精度の高い判断や推測が可能になります。
本学科では、AIを取り扱うIT業界でプログラマとして活躍できるように、AIの機能を実現するプログラムを制作するためのスキルを身につけます。そのために、1年次には国家資格である基本情報技術者試験の学修を通じてITの基本を理解しながら、プログラミングができるようになります。2年次には、産学連携によるAIを活用した課題制作にチャレンジし、職業実践的なITスキルを身につけます。

表示

ロボット・IoTソフト科

ソフトバンク社が開発したPepperをはじめ、さまざまなロボットが活躍する時代になっています。また、ロボットはインターネットにつながり、IoT端末としての役割を担うようになっています。IoTとは、家電品や自動車など、今までつながっていなかったものをインターネットにつなぎ、さまざまなデータを収集したり、遠隔で操作したりできるようにするという考え方です。
本学科では、IoT業界でプログラマとして活躍できるように、ロボットやIoT機器を制御するプログラムを制作するためのスキルを身につけます。そのために、1年次には国家資格である基本情報技術者試験の学修を通じてITの基本を理解しながら、プログラミングができるようになります。2年次には、産学連携によるロボットやIoTを活用する課題制作にチャレンジし、職業実践的なITスキルを身につけます。

表示

ITライセンス科

I Tライセンス科は、システムエンジニアやプログラマの育成に実績のあるI T・ゲームソフト科をベースとした通信制学科です。
「専門士」を取得できるだけでなく、ITの基本から先進的な応用技術まで、時間と場所を選ばず幅広く学ぶことができます。実技系の科目はスクーリングによる直接指導を受けられるので、確実に技術を修得することができます。
全日制と同様に就職のサポートを受けることも出来ます。

横浜システム工学院専門学校をもっと知るなら!

  • 横浜システム工学院専門学校のパンフレットをもらう