学部・学科・コース

表示

保育児童学部

保育児童学部は、保育・幼児教育の基礎知識や技術を本学の特色ある教育方法で学び、保育士・幼稚園教諭免許状などの資格を取得。保育士・幼稚園教諭・保育教諭・児童指導員などのこどもや子育てを支援できる人材を養成します。また同時に福祉や心理学などの周辺分野を幅広く学ぶことも可能で、現代の複雑なニーズに対応できる能力を持つ即戦力として活躍できます。

保育児童学科

保育児童学科

保育児童学部保育児童学科は、めざす資格や将来の希望に合わせて入学後に4つのコースから選択。それぞれのカリキュラムを履修し、保育に関する知識・技術を多様な演習授業を中心に学ぶほか、教育・心理など幅広く学ぶことができます。

【保育・幼児教育コース】
保育士の学習に加え、幼稚園教諭1種免許状取得のためのカリキュラムを履修。乳幼児に適切な保育・教育ができる人材をめざす方のためのコースです。
【保育・初等教育コース】
保育士の学習に加え、希望者は小学校教諭1種免許状、幼稚園教諭1種免許状の取得が可能。乳幼児に加え児童期のこどもたちへの教育に対応できる人材をめざす方のためのコースです。
【こども福祉コース】
保育士の学習に加えて社会福祉士受験資格取得のカリキュラムを履修。児童福祉施設や児童相談所など、こどもの福祉にあたる人材になりたい方のためのコースです。
【こども発達心理コース】
保育士の学習に加えて心理学科目を履修。こどもたちの心理面でのケアや子育て支援ができる人材をめざす方のためのコースです。

表示

社会福祉学部

社会福祉学部では、取得したい資格や将来の目標に合わせて5つの専攻・コースから選択し、それぞれのカリキュラムを受講。社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士などの国家資格の取得をめざします。豊富な演習授業・実習重視のカリキュラムで実践力の高い福祉人材を養成します。また、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士を希望する学生には、国家試験合格を徹底的にサポート。多くの国家試験合格者を毎年輩出しています。

社会福祉学科 社会福祉専攻 社会福祉コース

社会福祉学科 社会福祉専攻 社会福祉コース

福祉を必要としている方の相談を受け、解決に向けた援助方法を実践する「ソーシャルワーク」。社会福祉専攻社会福祉コースでは、日々のアクティブ・ラーニングのなかでコミュニケーション能力を高め、さらに履修科目のなかで事例研究、ロールプレイ、文献・社会調査などを通してソーシャルワーク技術を身につけます。また、社会福祉士受験資格取得のための「ソーシャルワーク実習」は、原則毎週2回の実習を4か月間継続で行う形式。そのため、実習中に現場で発見した課題をすぐに大学の授業のなかで事例として研究することができ、解決策を考える過程が非常に実践的な学修となります。

社会福祉学科 社会福祉専攻 介護福祉コース

社会福祉学科 社会福祉専攻 介護福祉コース

社会福祉専攻介護福祉コースが設置されている伊勢崎キャンパスには、「介護・保育実習棟(4号館)に介護技術の演習用の施設が設置されています。この設備を使用し、豊富な介護技術、家政技術、レクリエーションなどの演習授業を受講することにより、確実に介護技術を身につけていきます。同時にソーシャルワークも学び、介護に加えて相談援助、施設の運営管理など、幅広い分野の福祉に携わることができる人材を養成します。卒業時に介護福祉士、社会福祉士の国家試験W取得が可能で、福祉施設の運営管理などの仕事もめざせます。どちらも国家試験合格のための充実したキャリア開発教育科目が受講でき、卒業見込みでの国家試験合格をめざすことができます。

社会福祉学科 精神保健福祉専攻

社会福祉学科 精神保健福祉専攻

精神保健福祉士受験資格取得のための科目履修のなかで、精神保健・精神障がいについて深く学び、精神障がいがある方の社会復帰を支援する精神科ソーシャルワーカーとして必要な知識・援助技術を身につけます。また、科目の追加履修により社会福祉士受験資格の取得も可能で、卒業時の国家試験W合格もめざすことができます。どちらも国家試験合格のための充実したキャリア開発教育科目が受講でき、卒業見込みでの国家試験合格をめざすことができます。また、精神保健福祉専攻では、精神保健福祉士受験資格取得のための「精神保健福祉実習」は長期継続型の実習と休業期間中の集中実習を組み合わせて実施します。継続型では原則毎週2回の実習を継続で行うため、実習中に現場で発見した課題をすぐに大学の授業のなかで事例として研究することができ、解決策を考える過程が非常に実践的な学修となります。

社会福祉学科 心理福祉専攻

社会福祉学科 心理福祉専攻

心理福祉専攻では、社会福祉の基本的な科目に加え、心理学を専門的に学べる、福祉と心理学が融合したカリキュラムを履修します。公認心理師受験資格取得に必要な大学学部の科目を履修可能で、卒業後大学院に進学し、所定の科目履修により、国家試験の受験が可能になります。また、社会福祉をじっくり学ぶことも可能なカリキュラム編成になっており、卒業時に社会福祉士や精神保健福祉士受験資格の取得も可能。国家試験受験希望者のサポートも行っており、国家試験に合格し、心理学の理解を深めた社会福祉人材として活躍することも可能です。

社会福祉学科 経営福祉専攻

社会福祉学科 経営福祉専攻

経営福祉専攻では、専門的な経営学を学ぶと同時に、社会福祉士受験資格取得のための科目も履修でき、経営と福祉を深く学んだ福祉人材としての活躍が可能です。充実した国家試験のためのサポートも受けることができ、社会福祉士国家試験合格をめざせます。
また、留学生が多く在籍していますので、毎日の福祉や経営学の授業、留学生との交流イベント「コミュニケーションアワー」など、国際的な交流が多く設定されています。国際的な感覚を身につけた福祉人材として活躍の幅が広がります。

表示

教育学部

教育学部では、将来の目的や学びたい内容に応じた3つの専攻・コースから選択し、それぞれの特色あるカリキュラムを受講。「アクティブ・ラーニング」の教育方法で日々学ぶことにより自然に習得し、教育現場でその授業方法を実践できる教員を養成します。

教育学科 学校教育専攻

教育学科 学校教育専攻

学校教育専攻は、小学校・中学校・高等学校などの教員をめざす専攻です。本学の学生参加型の授業で学び、教育の現場で「アクティブ・ラーニング」を実践できる教員を養成します。取得したい教員免許ごとに「小学校教諭専修」「養護・保健科教諭専修」「教育心理専修」「英語科教諭専修」「情報科教諭専修」の5つの専修に分かれて、教員として必要となる学校や教育についての知識やわかりやすい授業のしかた、またその力を身につけます。
さらに4年次に行われる教員採用試験合格をめざし、1年次からキャリア開発教育科目内で教員採用試験の対策授業が受講可能。また、教職課程支援室が各地の教員採用試験についての情報提供や試験対策・面接指導などを行い、夢の実現を支援する体制が整っています。

教育学科 国際教育専攻

教育学科 国際教育専攻

国際教育専攻は、国際教育コースと日本語教育コースを設置しています。国際教育コースは、小学校教諭、中学校・高等学校教諭「英語」の教員免許状の取得をめざすとともに、国際的な学修ができるカリキュラムと海外の大学との交換留学を単位として認定するなどの学びのなかで多国籍児童に対応できる国際理解力に優れた教員を養成しています。
日本語教育コースは日本語能力、日本語コミュニケーション力を高め、日本語教育を通して国際貢献ができる人材を養成しています。
どちらもグローバル化がすすむ社会を念頭に置き、国際教育について学修できる科目を配置しています。

表示

心理学部

人の「こころ」とのさまざまな関わり学ぶ心理学。心理学部では、その幅広い学問である心理学のそれぞれの分野の基礎を学び、研究方法、実験方法、専門知識を身につけ、心のメカニズムや心のケアについて理解を深めます。公認心理師取得のための所定の科目の履修のほか、福祉・教育などの関連分野の深い学修も可能です。

心理学科

心理学科

心理学部心理学科は、社会心理学、教育心理学、臨床心理学などの幅広い心理学分野の基礎から実験・調査・分析方法を学修することができます。公認心理師受験資格取得のための所定の科目の学習も可能です。下記の6つのコースから選んで興味・関心の高い分野を効率よく学ぶことが可能で、福祉・教育などの関連分野も深く学修し、社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格、養護教諭や小学校の教員免許状の取得も可能です。

【総合心理学コース】
広く総合的に心理学を学べるコース。
【発達・教育心理学コース】
子どもに関わる仕事に興味のある学生のためのコース。教育現場でも活躍できるように、教員免許状が取得可能。
【臨床心理学コース】
大学院進学、臨床心理士取得も視野に、心の問題を抱えた人々の援助法(カウンセリング)を学習。
【犯罪心理学コース】
非行や犯罪に関わる心理学を学習。警察官や法務教官などの公務員をめざせます。
【福祉心理学コース】
心理学の知識や技術を福祉現場で生かしたい学生ためのコース。社会福祉関連資格の取得を視野に学習します。
【社会・ビジネス心理学コース】
一般企業などのさまざまな職種で心理学の知識を生かしたい学生のためのコース。

東京福祉大学をもっと知るなら!

  • 東京福祉大学のパンフレットをもらう