在校生・先輩メッセージ

表示

【建築士に必要とされる専門的な知識と高度…

建築学科  
池田 栄輝さん

建築学科  池田 栄輝さん

【建築士に必要とされる専門的な知識と高度な技術を手に入れる!】
私が一番好きな授業は「建築製図」。道具の使い方などの基礎知識から現場で役立つコツまでをしっかり学んでいます。例えば私は、製図は座って描くものと思い込んでいましたが、現役の建築士でもある先生から「スケール(定規)の目盛りを正確に読むには、真上から見ることが大切。前屈みになってよく見る」といった具体的な指導をいただきました。毎回こうした発見があり、授業を受けるたびに上達している手応えがあります。
 また、普段の授業は誰もが気軽に質問できる和やかなムード。一方、試験対策など重要な場面では、いつも以上に気を引き締めて集中する。社会人2年を経験した私はこのメリハリのある校風を気に入っています。修成の先生は全員、建築や土木、造園などのプロであるので、専門的な知識や技術を尊敬しています。しかも学生思いで、どんな相談にものってくれて、ちょうどいい距離感で勉強できるこの環境が自分にはぴったりはまりました。

表示

【まだ世の中にない、自分ならではの建築物…

建築学科
堺 健介さん

建築学科堺 健介さん

【まだ世の中にない、自分ならではの建築物を設計したい!】
修成の110年以上にわたる長い歴史の中で建設業界にたくさんの卒業生を輩出し、現在もさまざまな領域の第一線で活躍していると聞きました。実際の現場でキャリアを磨いた後、あるいは今もプロとして仕事をしながら修成で先生を務めている方も多く、私たちは親しみやすい先輩から学ぶ感覚で授業を受けることができます。各先生の現場での体験談には特に学ぶ点が多く、将来役立つ財産としてノートにメモしています。
 また、建築士以外に、たくさんの資格が取得できることも修成の魅力です。私はすでに、商業施設の企画・設計・デザイン・監理などに役立つ「商業施設士補」の資格を取得済み。現在は「福祉住環境コーディネーター検定試験(R)」合格に向けて、対策講座で学んでいます。今後、「建築CAD検定」や「宅地建物取引士」などの対策講座も受講する予定。試験に合格後、費用をサポートしてくれる「資格取得奨励金制度」も励みになります。

表示

【笑顔あふれる住まいを提案できる建築CG…

建築CGデザイン学科
高上 佑奈さん

建築CGデザイン学科高上 佑奈さん

【笑顔あふれる住まいを提案できる建築CGデザイナーが目標!】
将来は、お客様のイメージする住まいをCGやCADで描くのはもちろん、建築の専門家としてさまざまな提案も行いたいと考えています。多種多様な資格の対策講座が用意されている修成はそんな私の理想の学び場。現在は「福祉住環境コーディネーター検定試験(R)」に向けて対策講座を受講中。「建築CAD検定」や「二級建築士」「パース検定」の取得もめざしています。
 また、卒業後、設計事務所に入るか、それとも工務店や工事会社の設計部門で働くか、将来の進路に迷っている私にとって、修成ならではの手厚い就職支援は頼もしい限りです。定期的に開催される進路ガイダンスを受けるたびに、就職活動への意欲が向上。企業の人事担当者を招いて行われる会社説明会では、業界のことを詳しく知ることもできました。インターンシップについての関心も高まったので、近いうちに参加しようと考えています。

表示

【すべての作品を自信作と言えるインテリア…

空間デザイン学科
秦井 穂さん

空間デザイン学科秦井 穂さん

【すべての作品を自信作と言えるインテリアデザイナーになりたい!】
将来の可能性を広げるために、できるだけ多くの資格を在学中に取得しておきたい。そう考えている私にとって、普段の授業を通して資格対策ができる修成は最適な学校です。現在は「福祉住環境コーディネーター検定試験(R)」や「パース検定」の対策授業を受講中。いずれも試験は修成で行われるので、緊張すること無く受験できそうです。2年次には「インテリアコーディネーター資格」を受験、合格をめざしています。
 また、授業で身につけたスキルを実践的に高めたい学生に人気なのが、さまざまな課外活動です。私は創作ベンチを設計・製作するプロジェクトに所属。2年生の指導を受けながら先日完成し、池田市にある児童センターの広場に設置されました。現在は、あるカフェのインテリアデザインを提案するプロジェクトで活動中。オーナーご夫婦の要望を重視しながら、空間デザイン学科で学んだ知識と技術を活かして多彩な提案をしていく予定です。

表示

【木造の温かさに新しい価値をプラスできる…

住環境リノベーション学科
岩田 莉乃さん

住環境リノベーション学科岩田 莉乃さん

【木造の温かさに新しい価値をプラスできるリノベーションのプロに!】
工事現場でリーダーシップを発揮するために、また、リノベーションのプロとして活躍するために…。施工管理者には多様な知識と技術、それらを証明する資格が必要です。修成では「2級建築施工管理技士」や「建築CAD検定」などの資格対策も充実。各分野のスペシャリストである先生が相談にのってくれるのも頼もしいですね。私自身は在学中に「インテリアコーディネーター」も取得したいと考えています。
 また、校内のスポットで、私にとって一番のお気に入りは、見晴らしのいい屋上庭園。四季折々の花や緑に彩られた快適な空間で、ウッドデッキや芝生スペースなどでリフレッシュできます。校舎3階の中庭もキレイで、とても居心地がいいんですよ。苔で壁に絵を描くアート「モスグラフィティ」も施されていて素敵。どちらもガーデンデザイン学科の学生を中心に実習授業で使われているだけあって、いつも整備されています。

表示

【日々の授業で学ぶ内容が、各種資格試験の…

土木工学科
成川 文陽さん

土木工学科成川 文陽さん

【日々の授業で学ぶ内容が、各種資格試験の合格に直結!】
修成には、各種資格試験に合格するためのノウハウがたっぷり蓄積されています。試験対策講座はもちろん、普段の授業においても傾向と対策、受験時のポイントを整理して解説していただけるので、日々の積み重ねで着実に合格へと近づいていく実感があります。試験本番と同様の模擬試験で、現在の実力をチェックできるのもありがたいですね。私の弱点を指摘、克服方法を教えてくれた先生には、本当に感謝しています。
 また、地元・和歌山が大好きな私は、現場監督として自然災害に強い橋梁やトンネルを作り、人々の安全な暮らしに貢献したいと考えています。大規模工事を手掛けるには大きな会社に就職したいと考え、狙いを絞って進路担当の方に相談したところ、1年次から第一志望の会社でインターンシップを体験できることに。インターンシップ中には現場監督と直接話をする機会もあり、励ましの言葉をいただいて勉強への意欲が高まりました。

表示

【あらゆる土木工事を請け負えるスキルに加…

建設エンジニア学科
楮 壮一朗さん

建設エンジニア学科楮 壮一朗さん

【あらゆる土木工事を請け負えるスキルに加え、経営者の視点も磨きたい!】
これまで実家の手伝いを経験してきた中で、建設現場の作業はなんとなく知っていましたが、「なぜ、そうするのか?」までは理解できていませんでした。修成には本格的な実習が頻繁にあり、測量や足場づくりをはじめ、建設現場で役立つ幅広い技術が習得できます。コンクリートの破壊試験も校内で行えるなど、実習用の施設や機器も本格的!建設の理論を実体験を通して学べるので、高度な知識も無理なく理解できます。
 また、在学中から数多くの資格を取得できるのも建設エンジニア学科の魅力。キャタピラー教習所株式会社と提携した授業があり、車両系建設機械や締固め用機械などの技能講習・特別教育も在学中に取得できます。これまで10個以上の資格を取得していますが、今後狙うのは2級土木施工管理技士とお金の管理に関わる建設業経理士検定2級の資格。技術面に加え、経営に必要な知識も身につけることで将来の可能性を広げたいと思います!

表示

【日々の暮らしに身近な自然を演出できるガ…

ガーデンデザイン学科
周藤 香苗さん

ガーデンデザイン学科周藤 香苗さん

【日々の暮らしに身近な自然を演出できるガーデンデザイナーが目標!】
校内には、屋上庭園や花壇など季節の花や緑に触れることができる快適な空間があちこちに設置されています。庭園の樹木や花壇の草花は、授業で実際に剪定したり、植え替えの実習にも活用。さまざまな植物の生態や庭の知識、造園や管理の技術を実践的に身につけることができます。学内にある庭園は学内コンペで優勝した学生の作品をもとにつくられるのですが、私の作品は惜しくも準優勝。2年次は優勝を狙います。
 デザインと施工を切り離して考えてはいけない―。これは先生が授業で何度も口にする言葉です。どれほど洗練されたデザインでも、施工を無視した設計であれば具現化できないからです。その点、修成には緑化造園分野のプロはもちろん、一級建築士として活躍中の設計士や土木工事の現場監督が先生を務めておられるので、各分野の専門スキルを修得可能。先生が将来の同業者を育てる意気込みで指導してくださるのはありがたいですね。

表示

【建築士として設計事務所に内定。作業療法…

建築学科(夜間部)
島 千尋さん

建築学科(夜間部)島 千尋さん

【建築士として設計事務所に内定。作業療法士としての経験を存分に活かす!】
建築について本格的に学びたい。でも、現職である作業療法士としての知識や感覚を忘れたくない。そんな思いから、夜間部で学ぼうと思いました。なかでも修成の夜間部は、100年以上の歴史があり、7,000人以上の先輩がいると知って、ここなら安心して学べると考えて入学を決意。幅広い年齢層のクラスメイトには、現役の大工や現場監督、設計事務所でアルバイトをしている人もいて、休憩時間などには楽しくお話しています。
 また、建築や設計の現場で用いる道具について講義では名称や使い方を教わり、実習では実際に使用しながら学びます。仲間と協力して構造物の組立などに挑むワークショップでは、特にレベルアップの手応えを感じます。建築士や施工管理技士などの資格を持つ先生から、体験談を交えて教えてもらえるのも修成の魅力。ほとんど知識のない施工の現場についても、先生が表現を噛みくだいてわかりやすく説明してくれるので理解が深まりました。

修成建設専門学校をもっと知るなら!

  • 修成建設専門学校のパンフレットをもらう