2021年度からの新入試制度 総合型選抜(旧AO入試)・学校推薦型選抜

総合型選抜(旧AO入試)・学校推薦型選抜とは

●自分に向いている入試のタイプはどれかを考えてみよう!●

大学入試には一般選抜・総合型選抜・学校推薦型選抜の大きく分けて3つの方法があります。そして、総合型選抜と学校推薦型選抜は一般選抜と異なり、高校3年間の活動実績や目標達成への意欲や資質などを評価する形式となります。それでは学校推薦型選抜と総合型選抜はどこがちがうのでしょうか。

【POINT】学校推薦型選抜と総合型選抜の主なちがい

  • 学校推薦型選抜は原則として高校の学校長の推薦を必要としますが、総合型選抜は出願条件を満たしていれば、誰でも自由に応募できます。
  • 面接は学校推薦型選抜で行われる場合もありますが、総合型選抜では特に重視され、30分以上行われることもあります。
  • 総合型選抜は9月以降にエントリーがスタート。それに対し、学校推薦型選抜の出願は11月以降です。
  • 学校推薦型選抜はおもに高校生活での実績に重きを置かれ、指定校推薦も含まれます。総合型選抜では体験授業やグループディスカッションなど学校独自の選抜方法があります。

●自分のチカラを活かせる入試はどっち?●

type1

大学で栄養学を学び、将来は管理栄養士になりたい。また、大学の海外留学制度を利用し、将来はグローバルに活躍したいなど入学前に資格取得や制度を大学側とじっくり話し合い、自分が納得したうえで入学したい!

そんなアナタは・・・
総合型選抜

  • ●学力試験だけでは測れない才能や適性を、主に志望理由書と面接などで判定
  • ●大学側と直接英語を話しながら、学びたい目標が実現できるかを判断
  • ●将来のビジョンをしっかり持っている人は、その情熱をアピールできる入試

type2

部活動の県大会で優勝した。また、普段から勉強は頑張っていたので成績には自信があるなど高校生活の頑張りを活かせる入試でチャレンジしたい!

そんなアナタは・・・
学校推薦型選抜

  • ●大きく分けると、大学側が出願を受け付ける高校を指定する「指定校推薦」と大学が定めた応募条件をクリアできれば出願できる「公募推薦」の2種類
  • ●大学によって、スポーツ推薦、資格活用推薦、課外活動推薦、一芸一能推薦などさまざまな推薦型選抜を実施

●学校推薦型選抜・総合型選抜 大学・短期大学の入試スケジュール例●

入試スケジュール