オンライン進路相談Q&A

大学入試・短期大学入試について

模擬試験を受ける時期とその効果について教えてほしい。

1・2年生では長期休み(夏休みや冬休み)の少し前に受験するとよいでしょう。長期休みの家庭学習で自分が何の勉強に力を入れるべきかが判ります。また学年末に受ければ、その学年の勉強のまとめになりますので、学年の勉強内容がしっかり理解されているか、抜けている部分はないかなど確認できます。1・2年生のうちは受験者数もそれほど多くなく、順位や偏差値をこの時点で気にする必要はあまりないと思います。 3年生は夏休みまでに2回(WG頃と夏休み前頃)受験するのがよいかと思います。3年生になると受験者数が増加します(夏以降はさらに増加します)。春の試験では受験したい大学名の判定を見て自分が今いる位置を知りましょう。その後の勉強で夏休み頃の試験では受験勉強の効果が出ているか、実力がついているかを調べましょう、秋以降は毎月のように模試を受けることになると思います。秋の判定を持っていよいよ出願する大学を最終的に決めるのがよいと思います。他に具体的に大学名として○○大学模試として自分の目指す大学の模試がある場合はぜひ受けてみましょう。 推薦入試やAO入試での受験を考えている人も大学入学後は一般入試で入学した人と同様に授業を受けていくわけですから判定や順位は別として、学習理解度がどの程度かをみる上で受験するといいと思います。AO入試では模試の結果を使いながら相談をすることもあります。自分をアピールする試験ですから結果のよかった模試はその材料の1つにもなるのです。予備校の模試の解答・解説集はとても詳しく、かつ分かりやすく書いてあります。この生きた教科書を使用しない手はありません。結果に一喜一憂するだけでなく、しっかり復習してその後に生かしてください。