まるごとわかる大学基礎講座

費用

行きたい大学が決まったら、次にチェックするのは入学までにかかる費用。具体的にいくら必要になるのかを把握して、入学前からしっかりとマネープランをたてましょう。

受験・進学にかかる費用を知ろう

受験に必要な費用は?

受験料

私立大学の場合、受験料は学校により異なりますが平均33,000~33,500円です。ただし、医学部などは平均額よりも高くなります。国公立大学の場合、センター試験、2次試験の合計額は約30,000~40,000円です。最近では、Web出願や併願制度により受験料が割引される大学も増えています。

交通費・宿泊費

遠方への受験時の交通移動には往復割引や学割などを利用しましょう。交通費と宿泊代がセットになった「受験生パック」などを用意している旅行会社もあります。

入学前に必要な費用

晴れて合格したら、入学金や授業料などの初年度納入金を支払うことになります。納入方法には「一括納入方式」「返還方式」「2段階(分割)方式」「延納方式」があります。

一括納入方式
一年間の学費を一括で納めます。この制度では入学辞退をしても学費は返還されないので注意しましょう。
返還方式
いったん納入金を納め、指定日までに入学辞退の手続きをすれば一般的に入学金以外の学費の一部が返還されます。
2段階(分割)方式
一次手続き時に入学金を納め、入学を決めた後に学費等を納めます。ただし辞退する場合入学金は返還されません。
延納方式
入学金以外の学費を延納することができます。大学が定める期日までに申し込みをすることが必須です。

受験から入学までにかかる費用の比較例

卒業までにかかる費用は?

授業料

年度ごとに定められており、1年次と2年次以降金額が異なるケースもあります。分割できる学校がほとんどですが、年間一括納入の学校もあります。東京工業大学のように、国立大学でも標準額から授業料を値上げするケースもみられます。

施設・設備費

学校の施設や設備を維持していくための費用です。特に理系や芸術系は設備費や材料費がかかるため、文系より金額は上がります。

その他

教科書代、ゼミ、サークルなどの合宿費や海外研修参加費、資格取得に向けた講座受講費など、どんな費用がかかるのか、事前にパンフレットや募集要項などを取り寄せて確認しておきましょう。

国公立大学・私立大学の初年度納入金平均額

大学生活でかかる費用は?

学費以外にも学生生活にはさまざまな費用がかかります。例えば部活やサークルの活動費や交流費、電話代、旅行費など、何かとお金は必要になります。
自宅外生の場合は住居費(アパート・マンション・学生寮で異なります)、食費、水道光熱費など、自宅生よりもたくさんの費用がかかります。事故や病気など、いざという時のことも考えながら、日頃からお金の管理もしっかり計画しておきましょう。

拡大する
毎月の収入/支出